記事一覧

No.632 平成29年度の自殺数

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年07月06日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.632
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年07月04日
編集 平成30(皇紀 2678;2018)年07月05日
課題 平成29年度の自殺数
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年07月05日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 平成29(皇紀 2677;2017)年度における、立川市役所の管内で生じた『(あ)自殺の件数と、(い)その理由』を明確にされたい。

補足

 本課題は、ここ数年において立川市役所へと毎年に行っている調査の一つと成っている。

>過去の問い合わせにおける立川市役所からの返答例(立広聴)
 ・平成29(皇紀 2677;2017)年度・第147号
 ・平成28(皇紀 2676;2016)年度・第157号
  ・平成28(皇紀 2676;2016)年度・第161号
 ・平成27(皇紀 2675;2015)年度・第163号
 ・平成26(皇紀 2674;2014)年度・第103号
  ・平成26(皇紀 2674;2014)年度・第145号
 ・平成25(皇紀 2673;2013)年度・第036号
  ・平成25(皇紀 2673;2013)年度・第084号

結語

 立川市役所の管内では、思想( Freemasonry、共産主義者など )、各宗教などによる理念に基づき、罪悪感も無く(違憲、違法な行為でもあっても、思想や宗教に基づく、正義感により:精神病質的に)、他人の精神を害する活動や、それの指揮、命令、それらの実行や反射的行動を促す意識的操作( Mind control :マインド コントロール)が、公然と行われている事を、警察、裁判所、市役所の職員などを含め、確認するに至っている。

 既に、幾つかの思想、宗教の団体に付いては、違憲、違法、国際関係上における本邦と相手国への不和を生じさせる活動などに伴い、『(a)集団の解散、(b)宗教の法人を得ている場合、認証を取り消す事』を、国家に求める事を準備中。

 また、本邦の日本国 憲法 第十二条で保障する自由、及び権利は、「国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」と定められており、「公共の福祉を害する事にまで、自由を認めてない」が、裁判所や司法を筆頭(その背景に、医学などを含む)に、違憲、違法な思想、宗教の抑制を行えない愚かさには、経世済民的な観点から想えば、指定暴力団による悪事の被害よりも、致命的な損失を国家に生じさせていると判断するにも至っている。

 つまり、各種公務員でさえ護れない憲法を、一般の民が護れる訳も無く、挙句の果てに現状の本邦では、「二大指定暴力団は、一昔前から国内で最大の利益を得ている自動車産業の企業よりも、それを上回る資本的利益を得ている」と言われており、外にも「振り込め詐欺による、年間的被害の総額」からも解る通り、「善行よりも、悪行による利益性が高い」との状態にあって、立川市役所管内の各思想、並びに各宗教の団体を観察する限りでは、「違憲、違法を経てない収益は、見当たらない」と判断するにも至っている程。

 そんな自治体(指定暴力団や犯罪的組織、または、敵国や競合国の策略、その外に、政治や思想、宗教を建前に違憲、違法な活動を行う者達で形成された組織性にも劣る、各公務組織)へと、何だかを期待する方が不条理に想えるが、憲法の前文を含む、全条文に習い、日本国の民、その一人と言う立場で、本確認を行っている次第。

警告

 立広聴・平成30(皇紀 2678;2018)年度・第151、155号の二つに付いては、その内容に伴い、国家機関側へと告訴を行うが、その時には、返答を行った『係長、課長、部長の氏名が、国家機関側へも明確に伝わる』(立川市役所の場合は、人事機構図にて氏名が公開されている:後に、所属する政治、思想、宗教なども調査されるのかと想われる)ので、予めに伝えておく。
 
 また、僕の正当防衛上における観点から、「不良公務員による自殺までもを、不経済だと想えない程に、本邦の経世済民的状況は、悪化する一方」で、それでも僕的に『(甲)第一段階目で自殺の防止、(乙)第二段階目で心身の健康を促進、(丙)第三段階目で国民の個々による経世済民性の保持』との目論見(戦略)を展開中、既に(甲)、(乙)は、国家の政策で展開され、残す(丙)が未達成で、その苦言と成るが「実は、現状の五十代以上と成る人達迄は、将来(未来)的に自殺における危機を防ぐに至っておらず、文部科学省でも『特定(例えば、ICT等)の能力が無ければ、生き難く成る』と宣言する程の状態にある」との事からも解る通り、不良公務員の自殺を防御する事まで、未来像を抱ける余裕が無いが故に、『不良公務員による自殺までもを、不経済だと想えない』と表現(評価)するに至っている僕の事情(僕が知り得た、国家の方針)を、理解されたい。 

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、平成29年度の自殺数

神 自殺者の一人に、市役所職員が含まれる年度も有る。

鬼 それは、『ひとのあはれ』で御座候。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =