記事一覧

女性への教育と、人口の増加を制御する為に、戦争が用いられている事

37年後には、世界の総人口が、100億人に成る

 どのような計算で導かれた推測なのかは、不明。

参照
 ・人口減少より人口爆発、2055年に100億人になると何が起こるか - Newsweek 日本版 平成30(皇紀 2678;2018)年07月03日(火)18時45分

 ・人口爆発 アフリカ人からの「反論」 -  Newsweek 日本版 平成30(皇紀 2678;2018)年07月04日(水)19時01分

※留意
 Āfrica(アフリカ)では、先進国による軍事的な介入と、下記の『 Terrorism 』で説明の記載を行っている、「 Terrorism が発生する工作が展開されている」(『まっち・ぽんぷ』的な戦略が展開中:正義の為に悪党を育てる工作)と、判断を行うに至っている。

知性が高い文化では、人口が増えない

 人類史では、高度な文明を得た後に「(あ)同性愛者が増える、(い)出産数が減る」と言う、文化的現象が生じている。

 そのような状況にあっても、軍事を意識する政権では、「(ア)人口の減少は、戦闘員の減少にも繋がり、(イ)戦闘員が居なければ、他国などから攻められても、防御を行えない」と言う、『偏執病(へんしゅうびょう:Paranoia)』に陥り易く成り、『(A)同性愛の禁止、(B)多産の推奨、支援』を行う傾向に有る。

本邦でも、少子高齢化の問題から、議員が「子供を産め」等と主張する

 子供を産むのかは、民の個々における自由であり、それを第三者が過剰に介入する事は、違憲(日本国 憲法 第十二条の趣旨に反する)と判断するに至る。

 各種の議員などでは、愛人との間に子供を作る輩も居る等、本来なら重婚罪の適用が検討されても好いのかと想えるが、本邦の女性には、それほどの能力が無いのも現状。

戦争は、人口の都合が良い出来事

 実は、過剰に増えた全人口を調整するのに、戦争を発生させる事を選ぶ輩達が居ると言われており、主に『浄化』と言う観点で展開される傾向にある。

Terrorism

  Terrorism の多くは、「論理が綺麗(素敵)』な割に、人と言う観点での行動は、人道に反する傾向にある」のが特徴で、『言葉に騙され易い人達(文字、発話など、今時代だと、あらゆる五感、第六感的情報によって、『非人道的な行動に着手を行わせる』*1ように、意識が操作をされる:第三者から操作され易い)』でもあり、意識や行動を操作するのには、都合が良い輩達(人材)と成っている。

 例えば、「初めに正義の定義を刷り込み、次いで悪の定義を刷り込みつつ、正義は、悪を駆逐する」と、構文的に教育を行う程度で、Terrorist の製造が可能で、警察官や軍人の教育でも用いられている方法もあって、その悪用を意味する。

 近年、僕が解った事に、「AIDSや梅毒など、潜伏性の高い病原体の如く、色々な Terrorism を、思想や宗教を介する形式を経て、育てる工作が展開されていた」と判断するにも至っており、その多くは、壊滅されず、「Terrorism や、非人道的行動、違憲な部分だけが、長い年月をかけて、無力化されている傾向にある」とも判断、ある意味で『取り込み型の戦略』が展開されているようにも想える。

 本邦では、合気道の精神と同じく、「相手の攻撃が有った場合、その攻撃力を用いて、相手を駆逐(無力化)する」の展開が、進んでいるのかとも想える。

 また、「Terrorism 集団が無力化されると、新たな集団を形成させる工作も展開されている傾向にある」と判断。

 日常の生活では、民の個々による自衛(心的な免疫)力が、重要視されている。

*1:暗示や催眠のような効果で、僕の経世済民的研究では、「無差別殺傷の衝動を発生させたり、何だかの思惑の通りの行動を行わせる、『Switch(スイッチ)』」と呼称。