記事一覧

No.636 学校の給食、外の食堂で発生する、食材ごみ、残飯の扱い

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年08月04日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.636
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年08月01日
編集 平成30(皇紀 2678;2018)年08月02、03日
課題 学校の給食、外の食堂で発生する、食材ごみ、残飯の扱い
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年08月03日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 立広聴・平成30(皇紀 2678;2018)年度・第202号によって、『(あ)学校の給食、(い)市役所が運営する食堂』等で生じる、『(ア)食材ごみ、(イ)残飯』の量が、かなり多いと判断するに至っている。

 よって、「もっと効率の良い方法を提案する」ので、それを参考に、改善の検討を行われたい。

定義

(ア)食材ごみ
 主に、調理を行う段階で生じる『ごみ』で、『(甲)くず野菜、(乙)くず肉、(丙)魚の粗(あら)』等が、該当する。

(イ)残飯
 調理された物。

提案

一. すき込み
 堆肥を作るのでわなく、『前出の(甲)』を、そのまま畑へ、すき込む事を推奨。

 つまり、「堆肥を作る負担を、軽減する事が可能」と成る。

二. 動物園へ引き渡す
 動物園の運営が困難と成っている原因に『(動物の)食費を維持する事』が有り、それを解消する事も可能。

 条件が生じる事も多く、例えば「『前出の(甲)、(乙)、(丙)』は、与える動物によって、餌の種類が異なる為、種別に分ける事が求められる等、逆に『野菜が多種に混合されていても、良い』と言う動物園が有る」と想われる。

三. 堆肥を作る小型の装置
 『大型の食堂、給食の生産場』を有する場合は、その施設内に『堆肥を作る(小型の)機械を設置(義務化)する事』で、『ごみ』の発生を抑制する(『ごみ』の生産は、行わない)事が、行える。

 また、処理の方法における優先度は、『前出の一、二』が優先され、「引き取り手が無い物を、処理する」と言う観点と成る。

 つまり、各都道府県や市町村が、『大型、中型の堆肥を作る施設(工場)』で処理する事の全てを、否定する訳でも無く、処理の選択肢を多種化する事で、可能な限り行政側の負担を減らす事が、目的と成る。

外. 家畜、愛玩的動物への餌、並びに『外の目的』
 農家や一般人が、家畜、愛玩的動物への餌にする事を前提に、『前出の(甲)、(乙)、(丙)』を求める事を可能とする事で対処を行うのも、好いのかと想われる。

 また、『外の目的』でも、相応な理由が認められる限り、民間へと、『前出の(甲)、(乙)、(丙)』を渡す事を、検討されたい。

補足

1.すき込み
 近年では、仮想的現実(Virtual Reality、Simulation)等の GAME によって、広く子供でも、農業や農機具に付いて、遊びながら学ぶ機会が増えており、それらでも知られている農法に、『すき込み』が有る。

 「何を、すき込んで、肥料にするのか」は、農家の工夫と成り、『前出の(乙)、(丙)も、そのままで、すき込み、堆肥とする事』が、可能。

 注意点は、「『前出の(乙)、(丙)』では、他の動物が、土を掘り起こす可能性が生じる事」である。

2.動物園へ引き渡す
 既に知っている職員も居るのかと想われるが、「僕が、立川市役所管内に在る『民間の企業が管理する空き地』に付いて、雑草の管理を行うのに、『やぎ、ひつじ』(動物園から借りる)を用いる事を提案、数年間も実施されていた」との事例が有る。

 ちょうど僕が、立川市役所管内へと転入を行って間もない頃、その当時から、各地の動物園で、運営の維持が困難に陥っている事を把握、それの解消を兼ねて提案、主原因に「都心的には、広大と成る空き地で、雑草が散漫に生えていると、『蚊』の発生が増え、近くを通る度に、僕が刺されていた体験に基づく対策」でもあって、他に「人を中心に考えるのでわなく、『全自然的環境の構造を、活かす形式』での考慮を想って提案」するに至った。

結語

 『前出の(甲)、(乙)、(丙)』を、無料で引き取ってくれる民間人は、僕が提案する『(弌)農家、(弐)動物園』の他にも有ると想われる(植物油では、『 Bio Diesel Fuel 』での再利用が、広く知られている)。

 それらの情報を収集する事も、情報を管理する社会では、経世済民的に、重要視される事が解るのかと想われる。

 よって、今回に提案する主な二つ(農家と動物園の件)に限らず、「どのような条件ならば、そのままの状態、並びに無料で、『前出の(甲)、(乙)、(丙)』を引き取ってもらえるのか」を、色々な民間人と相談する期会を設けつつ、検討を行われたい。

 なお、立川市役所の近隣における動物園では、多摩動物園が好いのかと想われつつ、仮に取引が成立するに至らなくても、色々な事情を『聞ける(得られる)』のかとも想え、仮に交渉が成立するに至れば、多摩動物園と、立川市役所の交流から、管轄下の民も親近感を抱き、動物園を利用する回数も増える可能性が、期待される。

注意

 (一)本件の御返答は、立川市役所に限り、書面で行われたく、(ニ)外の省庁に付いては、「情報の提供が有った」と受け止めつつ、庁舎内に設置されている食堂などから排出される、『前出の(甲)、(乙)、(丙)』の管理を、検討されたい。

 また、「(三)宮内庁に限り、天皇陛下への報告文を兼ねる」と、解されたい。

本文の発送先>

・全府省
 e-Gov の『各府省への政策に関する意見・要望』において、標準で表示される全府省。

 ・宮内庁に限り
  ・天皇陛下への報告文を兼ねる

・立川市役所

追記

 僕の幼少期、母方の祖父が生前に、工場の運営を行っており、敷地の一部を畑化、便所も汲み取り式だった。

 ここ迄の記載を行えば、七十代以上の人だと「次に、何を言いたいのか」を察するのかと想われる。

 当時の僕は、未だ事情を知らないので、「祖父が、工場の畑で作った野菜を、持って来た時には、『凄いなぁ』と想いつつ、喜んでいた」が、その工場へ僕が遊びに行った時、便所で用を満たす後、祖父が、便所から汚物を汲み取りつつ、畑に撒いていたのを目撃。

 「自分が食べていた物は、、、」と、かなり落ち込みつつ(つまり、精神敵意な衝撃を受け)、その後から、祖父が持ってきた野菜を、暫くの間は、食べられなかった記憶が有る(特に、『じゃがいも』は、僕も素手で掘っていたので、凄く落ち込んだ)。

 落語でも、似たような『(下肥)話』が言い伝えられており、そんな体験などを経ての立案と成る。


 なお、『(A)本節(追記)、(B)前文』と、『(C)補足 2.動物園へ引き渡す の第二段落目』、『(D)結語 なお書き』に限っては、文字数の関係で、国家機関側への文面に、記載を行ってない。

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、学校の給食、外の食堂で発生する、食材ごみ、残飯の扱い

神 落語では、『下肥』も話題に成っている。

鬼 『上肥』って、何だろうね。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =