記事一覧

No.638 『氏』の使い方に付いて

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年08月14日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.638
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年08月14日
課題 『氏』の使い方に付いて
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年08月14日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの人員が、本文と同意的な思考で活動、主張を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の活動に流用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 広報たちかわ 平成30(皇紀 2678;2018)年07月10日号 二頁において、新規の市議会議員が、紹介されている。

 その各人における名前の後方に、『氏』が付けられている。

 「敬称の意味で、使われているのか」と想われるが、使い方が不適切に感じられる。

 よって、なぜ『氏』を用いているのかを、法、または、規則などに基づき、明確にされたい。

確認を行う理由

 「本邦の国会(衆参)議員では、『君』が用いられている事」は、解るのかと想われる。

 当方の調査では、その根拠に『(あ)参議院規則 第二百八条、(い)並びに、参議院先例録 四百四十』に基づく、敬称と成っている事が判った。

 よって、国会で用いられる敬称と、立川市役所にて用いられている『氏』では、異なるが故に、確認をする次第。

結語

 国の制度は、規準的な存在であり、「(ア)それに見習うのか、(イ)(自治体による:全市民における多数の同意が必要)独創的観点で展開するのか」は、違憲、違法、違反と成らない限りは、本邦の憲法で定める自由(憲法 第十二条)の範疇と成るが、不適切な日本語は、本邦の伝統的な文化を駆逐するとの観点(資本学でも、「悪貨は、良貨を駆逐する」と言われ、それを『文化』に置き換えた論理式より)からも、日本国の民、その一人と言う観点から、現状(『氏』の使い方)が、好いとは、想えない。

 よって、「何を根拠(前提)に、『氏』を用いているのか」を、明確にされたく、主に前出の『(ア)、(イ)』の観点と、それに付随する『(甲)法規(主に、憲法や法律、都条例など)、(乙)市議会の決定による条例、規則、(丙)市議会などの規則的な定めも無いが、習慣的に等』を明確にされたい。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、 『氏』の使い方に付いて

神 女、氏を失って、玉の輿に乗る。

鬼 男、氏を失って、玉の汗をかく。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =