記事一覧

No.639 朝鮮人(外の外国人)学校への補助金に付いて そのニ

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年08月20日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.639
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年08月17日
編集 平成30(皇紀 2678;2018)年08月18、19日
課題 朝鮮人(他の外国人)学校への補助金に付いて そのニ
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年08月19日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの人員が、本文と同意的な思考で活動、主張を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の活動に流用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 立広聴・平成30(皇紀 2678;2018)年度・第225号の返答に付いて、「(あ)『市役所の単独的な意見』に感じられるが、(い)市議会での議決(決議)によっての意向か」とも、想える。

 よって、「どちらなのか」を明確にされたい。

 なお、仮に(い)の場合、『(甲)議決の日、(乙)第何期の議員による、(丙)第何回の議会によって、決議と成ったのか』(議事録に基づく)を、明確にされたい。

補足、及び解説

 立川市役所からの返答は、国家公務員でも同じような『対応』(返答)をする事が有り、『説明における重要な部分の欠如』と、判断するに至っている。

 それは、『これ迄に、僕も気が付かなかった事』で、「公務側では、(A)国会での決議、憲法、法律、施行令に伴う業務と、(B)都道府県(議会)の決議や条例、(C)市町村(議会)の決議や条例、(D)業務の規則、(E)職場での意向、(F)その他』等を基準に、返答を行う」との事が求められる。

 また、基本的に立川市役所の立場だと、『(A)~(D)』における公務の遂行に故意、過失が無い限り、『公務員(全体の奉仕者)の個々』には、責任を課せられてない。

>留意
 (D)は、比較的に(C)と同じく、「議会の議決によって定まる(主に、承認される)」ので、『(A)~(D)』の表現と成っている。

 つまり、「『市町村の役所』(国家、都道府県庁)ならば、市町村議会(国会、都道府県議会)による議決で定まった方針は、所属する『全ての民』(市町村の民、国民、都道府県の民)が、平等に責任を負う」のであって、公務員だけが責任を負う理由は、無い。

 更に、『公務員のみ、責任を負う理由が無い事』を、適切に民へと伝えられない事が原因で、色々な紛争(論争)が生じており、それらを回避する為にも、接遇(主に、『(一)受け答え、(ニ)情報の収集、(三)解析、理解、意思の疎通を図る』等)の能力が、重要と成る。

 よって、適切(明確)な返答を行う事は、公務側の信用(信頼:国家公務員法 第七節 服務、地方公務員法 第六節 服務)を維持する為にも、重要視される。

 なお、近年では、「宗教や思想などの団体における構成員により、『民(一般人:外国人を含む)が、行政の機関に、不信感を抱くような事』(工作)も、生じている」と、疑いたく成るような事案も、有る。

結語

 前出の『補足、及び解説』の通り、「民へと、適切な対応を満たせない時は、その過失を含めて、公務員の個々が、『民(問合せ者など)』からの攻めに遭う過程も、解る」と、想われる。

 逆に、適切な説明を行う事で、「『民(問合せ者など)』へ、事の事態における主原因を、理解させる事も、可能」と、判断できる。

 よって、立川市役所の職員に限らず、「全種の公務員は、憲法 第九十九条の責務が課せられている」が、その範疇を外れる事までの責任を負わない為にも、『一線を引く事』が求められ、問合せの有った内容が、「前出の(A)~(F)における、どれに該当するのか」を、明確に返答を行いつつ、『各種の選択肢における責任の所在を、はっきりさせる事』で、「公務側からの説明に伴い、民が自らで、(改めて)問題を解決する事を、試みる」と、想われる。

 なお、全種の公務員には、「民(一般人:外国人を含む)側で、『問題を解決する方法が、解らない』と主張された場合、『憲法 第十六条(請願権)の説明(示す程度)を、行う義務』が、課せられている」と、憲法の前文から、解せる。

>補足(及び警告)
 僕の調査(約十年間における体験:僕からの問合せを受けた公務側の実態)では、憲法の前文(全文と異なる)を、適切に説明を行えた公務員は、裁判所(最高裁判所、東京高等裁判所、東京地方裁判所 霞ヶ関、並びに立川支部、立川簡易裁判所)を含む、各種の公務員(人材:嘱託の職員などを含む)において、一割に満たない(裁判所、東京都管内の警察官など、司法の職員に付いては、壊滅の状態)。

注意

 本件の返答は、立川市役所に限り、書面で行われたい。

 また、他の省庁は、「前回(『朝鮮人(他の外国人)学校への補助金に付いて』)の続き」と、受け止めて頂きつつ、以後の公務において、参考とされたく、『立広聴・平成30(皇紀 2678;2018)年度・第225号』の内容に付いては、立川市役所へと、確認を行われたい。

 更に、『宮内庁に限り、天皇陛下への報告書』を、兼ねる。

 なお、僕(日本国の民、その一人と言う立場)的に「本件で指摘を行っている『接遇の能力』は、全種の公務員において、『標準的に必要とされる能力』と、判断する」に、至っている。

本文の発送先>
・国
 ・宮内庁
  ・天皇陛下への報告書
 ・内閣府
  ・内閣官房
   ・国家公安委員会(警察庁)
    ※ 過剰に、外国人への嫌気を抱かせる活動の件
  ・内閣情報調査室
・文部科学省
 ・外務省
 ・法務省

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、朝鮮人(他の外国人)学校への補助金に付いて そのニ

神 表現の違いで、大きな誤解生じる事も有る。

鬼 桃太郎が、我々を退治するなんて、有り得ません。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =