記事一覧

No.204 生活保護を受けている者の健康診断に付いて

配信 2009-03-16
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.204
作成 2008-10-28
課題 生活保護を受けている者の健康診断に付いて
提起 2008-10-28

= 趣旨 =

 先日に、広報にて市役所の主催で行われている
市民が参加をできる健康診断に纏わる募集があり、
それに応募をした。

 しかし残念ながら、その募集から漏れてしまう
事となった。

 生活保護者による健康診断の必要性は、それに
よって健全性が認められる限りにおいて、別枠の
理由がない限りでは、就労を求める義務が生じて
居ることが、立証されるに等しくなる。

 それに伴って、就労を促すことも可能になって、
更には、そうして改めて就業を行うことによって
公的な負担の軽減も行える。

 つまり、市民の安全や生活基盤、そして健康を
確認したうえで、就労を促すことが可能になる。

 よって八王子市は、生活保護者による健康診断
などを積極的に受けてもらう事で健康を立証する
べく(つまりは、就労等が健康面で可能である)、
事実を確保した後に、経済的な自立(つまりは、
就労を促す)ことが可能になるのかとも想われ、
それ以外において、就労を促すということ等は、
むしろできないと想われます。

 そうした判断からも八王子市は、生活保護等を
受けている人に積極的に健康診断を受けてもらい、
更に、それの結果に基づいて就業を促しつつも、
自立支援をされたい。

=== 現象 ===

 生活保護者による健康診断などの参加が無料に
なったのですが、その数に制限があるとのこと。

 それによって私が期限の最終日程度にて提出を
された受信要望は、先着順を理由に受け入れられ
なかった。

 例えば、生活保護者の健康が早期に確認をでき、
其れによって就業なども率先的に行える状態なら、
生活保護からの自立性を支援するとの趣旨などに
十分に値している。

 しかし現状だと、受給者が増える一方であって、
それによって生じる八王子市の公金負担が大きく
なっている。

 また、生活保護者が健康診断をうける為にと、
確保される予算と、生活保護の為に要する予算は、
格段に異なり、経費期の観点から考慮をするなら、
明らかに健康診断を受けてもらい、自己の健康を
確信した上で、経済的な自立を進めるとの行為は、
正当性がある。

 逆に、そうした生活保護者の心身共に健康性が
立証されない状況でありながら、生活保護を中断
させる為の手続きを強要したりする行為などは、
むしろ不当、不法行為に値するのかと判断できる。

 よって八王子市は、生活保護者の健康の確保を
行って、且つ就労を勧める行為に尽くされたく、
本件のReportを作成しました。

 但し、生活保護を受けている、また必要として
いると言う人は、心身的な健康意外にも、相応の
理由が生じていることが多いので注意をされたい。

=== 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) ===

万学2的、生活保護を受けている者の健康診断に付いて

天使 身体が健康でなければ、社会復帰など出来ない!

悪魔 社会に拘ってるけど、民主主義だろ?

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =