記事一覧

悪人の性格を、善人化する(人格を操作する)工作と、その逆と成る工作

悪人が善人化

 『(A)性格や、(B)生活の状況、(C)出生』に、欠点が有っても、『(a)他人から注目され易く、(b)何だかの長けた能力が有り、(c)同胞への利益率も高い』者が、「狙われる傾向に有る」と、判断。

手口

 出生後(先天性の性格から)、人格(人間性)の操作を行うには、『(A)知識、(B)体験』で、操作を行う事が、可能。

 それら(A)、(B)は、『意識的な操作、洗脳』でも用いられ、『(C)強制、強要、(D)暴力や、精神的な苦痛、恐怖心を煽る等』により、『(E)服従心を抱かせる』等にも、用いられている。

 「主に、宗教や思想、犯罪の集団で、用いられている」と、判断。

 「その目的は、団体が利益を得る為の優位性」とも、判断するに至っている。

 つまり、「世界的な平和等とは、あまり関係が無い事」も、判る。

 一般的に、「(A)、(B)による人格の変更は、極普通に生じている、人間の実態」で、特別な事でも、無い。

立川市役所の自治下で、体験するに至った、人格の操作

 いつの間にか、『正義の見方だけに、特化する性格へと、誘導されている事』(人間と言う観点では、不自然な人格:Terrorism や、刑事への着手も、危険視されるような人格)が、判っている。

 実は、八王子市役所の管轄下に在住中から、『(一)立川市役所の管内に在住するであろう複数名』が、本件の課題における観察の対象と成っており、『(二)外に、芸能人の複数名』も、観察の対象と、成っていた。

 観察の結果では、「『当人は、気が付いて無い』と思えるが、『あからさまに、人格が変わった』と、判断できる状態を、確認」するに至っている。

 「それらは、『(a)専制、(b)隷従』の体制に伴う人間的な関係と
成っている事が多く、違憲(日本国 憲法 前文 第二段落目の趣旨に
反する)」と、想える。

 人格の操作を行っている者達には、『罪悪感が、無い』と思われる事から、精神病質性を疑うにも至るが、「本邦における倫理性(憲法や各法律)の観点から、『正当性を有する部分(正当的防衛)』に付いては、問題視する理由が、無い」とも、思える。

 よって、本件の課題で問題視されるのは、『(あ)違憲、及び不法に該当する人格の操作』で、『い)憲法、並びに各法律に照らすと、「正当性が、認められる」ならば、そまでもを問題視する理由が、無い』と、判断するに至る。

 なお、『(う)憲法や各法律を逸脱する観点の有益性を保持するのは、圧倒的に、宗教、思想等の集団が、多い事』に、留意が求められ、『(え)逆に、個人であっても、無差別殺人等を生じさせる事』等も、注意が求められる。

懸念される事は、善人が悪人化する事

 特に、『(弌)競合する宗教、思想の団体に所属する者、(弐)集団に所属を行わず、個人的に活動する者』が、狙われ易い。

 また、人格への操作には、『精神的な圧力が、用いられている事』も多く、本来だと違憲*1、不法*2に該当する場合も有り、国家公務員を筆頭に用いられている事から、本邦の愚かさも判る次第。

 更に、本邦の国家公務員における多くは、「(Ⅰ)憲法の前文に何が記載されているのかを、国民へと正確に伝えられず、(Ⅱ)就任時に行われた、宣誓文の内容すら、健忘するに至っているので、(Ⅲ)何だかを国家公務員に期待するのは、無理が有る」と、約10年前に判断、立川市役所の管轄下へと転居を行った時には、絶望的な心境と成った事実(過去)には、変わり無い。

 なお、『(Ⅰ)、(Ⅱ)、(Ⅲ)』は、本邦に限らず、Public 系の Freemasonry( Slave を含む)が、過剰に関与する国家で、多く見られる。

*1:日本国 憲法 前文で、『圧迫』は、除去の対象と成っている。
*2:精神的な被害を受けた場合で、「病院で、それが立証される場合、『心的な外傷』等を受けた事に伴う、傷害罪』の適用が、求められる。