記事一覧

No.645 成人式に、六法を配布

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年10月08日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.645
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年10月06日
編集 平成30(皇紀 2678;2018)年10月08日
課題 成人式に、六法を配布
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年10月08日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を、行っている。

 よって、各政治、各宗教などの人員が、本文と同意的な思考で、活動や主張を行う事が有っても、一切に関係が無く、独自の経世済民的な観点と成る事に付いて、予めに御理解を、願う。

 なお、本文面を、各政治、各宗教(各思想)の活動に流用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 公務員(市役所の構成員)には、憲法 第九十九条に習い、憲法を一般人へと理解させる義務が、課せられている。

 また、近年では、一般人に『(A)在日外国人、(B)帰化人、(C)訪日外国人旅行者』が含まれ、(a)憲法の倫理を基礎に、対応する義務が、全ての公務員へ、課せられつつも、(b)宗教や思想による、憲法から逸脱する理念が、公務上の倫理(論理)における基礎と成る事は、無い。

 更に、人材(公務員)の数も、減少を求める傾向に有る事から、地方公務員法 第三十一条(服務の宣誓:国家公務員は、国家公務員法 第九十七条)に従いつつ、宣誓の内容を、満たす義務が、課せられていおり、平成18(皇紀 2666;2006)年11月に発行された『立川市職員 コンプライアンス読本』(八頁)によれば、『能率的に運営すべき責務を・・・』と、記されているのだから、本件の事案も、能率的に対処する必要性が、有る。

 よって、公務員の立場から、新成人に、(あ)公務員の存在、(い)及び本邦の構成を理解されるべく、(う)その方法(手段、戦略)が求められ、(え)それらの簡略性(無駄を、省く)からも、(お)最低の限度で、六法を渡す程度までの義務的な対応は、(か)本邦における公務員の立場から行われたく、(き)相応に市(町村)議会からの承認を得て行われる事を、日本国の民における一人と言う観点から、自治体へと、求める次第。

結語

 嘗て、裁判所の職員に、『自由』に付いて、説教を行った事が有り、その内容は、「例えば、(ア)子供を、砂場に座らせると、好き勝手に、遊び始める傾向に有るが、(イ)成人を、砂場に設置後、『自由に遊んで下さい』と言っても、戸惑う人が、多い」と言う状態が、生じる。

 行動心理学的な観点と成るが、本邦においての自由は、憲法 第十二条に、記されている通りで、それを『逸脱する事』(勝手な事)等を含め、国民に『責任』が、課せられている。

 よって、『(甲)本邦の構成、(乙)及び民の生活における指針、(丙)倫理の基準』等を、国家、及び全ての公務員(憲法 第九十九条)が、国民に示すのは、当然であり、それを怠っているのが、現状で、それを改めるべく方法に、『手際よく、対応を行う』(公務員の義務を、果たす)には、やはり『六法を、新成人へ、配付する事』(行政と、民における、共通な理念を、示す事)で、倫理(並びに、論理)の『統制が、図れる』(嘗て僕は、防衛省へ、『陸、海、空』の情報を、統合するような部署の設置を、求めた事も、有り、それと同じ要領、理念、及び戦略論に、該当する)のだから、日本国の民、その一人と言う立場で、それらを求める次第。

 なお、前出の(A)、(B)、(C)は、入国時に、主要な法律を、多言語で示す事が、求められ、冊子など(今時代では、『電子的な情報』を、含む)の形式により、それを補われたい。

注意

 本件の返答は、立川市役所に限り、書面で行われたく、外の省庁からの返答は、期せず。

 また、外の省庁(広報の担当)には、「類推的な検討を、行うように」と、求める。

 更に、宮内庁に限り、「天皇陛下への報告書を、兼ねる」と、解されたい。

本文の発送先>
・『e-Gov > 各府省への政策に関する意見・要望』(初期の画面)にて、表示される全省庁

・外
 ・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、成人式に、六法を配布

神 既に、間接的な要望を、行っており、今回のは、本番。

鬼 間接的な要望は、黙殺され、本番も、影で破棄されたり。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =