記事一覧

No.646 津波、波浪の高さにおける認識

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年10月10日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.646
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年10月10日
課題 津波、波浪の高さにおける認識
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年10月10日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする、経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、構成員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を、行っている。

 よって、各政治、各宗教などの人員が、本文と同意的な思考で、活動や主張を行う事が有っても、一切に関係が無く、独自の経世済民的な観点と成る事に付いて、予めに御理解を、願う。

 なお、本文面を、各政治、各宗教(各思想)の活動に流用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 立川市 防災 『ハンドブック』の十九頁、『 Q8 』において、「管轄内で、海抜が、最も低い場所は、『 64.9 m 』で、津波による被害は、想定されて無い」との旨が、記されている。

(A)
 僕の津波に関する認識だと、「(あ)人類の歴史上では、524 m の記録が、有り、(い)本邦の国土は、『(ア)周辺を、海で囲まれ、(イ)比較的に、地上の高さよりも、周辺における海底の方が、深い場所も、有る』との地形に、成っている。

・補足 - (あ)に関する、参考の事例
 Lituya Bay(リツヤ湾大津波)大津波など。

(B)
 また、国営 昭和記念公園の中に在る、芸術品の一つには、「(a)巨大な隕石のような物が、海洋へと、落下する事が、生じた場合、(b)芸術品の示す位置まで、海水が、押し寄せる可能性も、有る事、(c)『それの被害を、防ぐ事が、求められる』(その災害から、色々な物を、護りたい)と、言うような、意志的な表現を、感じられる作品も、有る事」の認識すら、欠けているようにも、想える。

(C)
 東京都 昭島市は、管轄内で、発見された鯨(くじら)の骨に、『アキシマクジラ』と名付け、「管内の地質は、嘗て、海底だった」との旨も、Internet を介する形式で、公表するに、至っている。

 よって、立川市役所の職員(並びに、他の公務員や、一般人)が、「津波の発生に付いて、その認識に、欠けている部分が、有る」との可能性を、疑うに至り、確認する次第。

留意

 本来の日本語では、『ハンドブック(本来は、Handbook)』と、表現するよりも、『手引き書』等で、表現されるのが、適当と、想える。

 世代的に、『 Freemasonry(関連する全宗教や思想の集団、並びに日本共産党を、含む)等による、文化的な侵害(工作)に、影響された、表現』とも、僕の経世済民的な研究からは、想えるが、「被害を、受けている当人達(僕を、含む)は、被害に遭っている自覚が、無い」のも、特徴的で、「(A)意識的操作( Mind control )への脅威と、(B)それを用いた卑劣さ」を、感じるに、至る。

 また、『ハザードマップ( Hazard Map :本来の日本語では、『立川市役所(管内の) 洪水を、警戒する地図』)』に付いても、同じ。

 「言葉の表現は、人間(社交)性をも、表す」と、想えるが、僕的に「立川市役所からの返答(立広聴)には、以前から、『日本人と言う感覚では、異国的な、人間性の醜さ』を、文面の作者に、感じる時が、有る」のも、事実。

 よって、「然程に、『公務上での、文章、語句の表現的能力が、無い』のに、『(Ⅰ)国語の専門家、(Ⅱ)文書法政課』を、頼らない、公務員の精神(自己的表現の過信:自意識が、過剰)的な、過失』(意志)が、問題視され、「仮に、文面の製作者が、不適切な表現を行っても、それを発行する時には、『(Ⅰ)、(Ⅱ)が、事情の説明を行い、表現を改めさせるのが、適切な公務だ』と、想える」のだから、「それを、満たせない部分を、他の民から、指摘される理由(事)は、相応に、有る」と、解されたい。


 Mail Magazine のみ、『 Ⅰ、Ⅱ 』を、『 弌、弐 』へ、変更。

 なお、本節のような指摘を、行わない民は、「意識的な操作を、受けた牧民(隷従、及び専制の構成員:憲法の前文に習えば、違憲者に、該当する)」とも、想えるが、世代的な環境の影響とも、判断するに、至っている。

・補足 世代的な環境
 『(1)新聞、雑誌、漫画(2)民間の Radio(ラジオ:無線)、(3)Television(俗称、テレビ:TV)』による影響( 意識的操作: Mind control )と、想える。

結語

 国家、及び各種の自治体において、「民が、何を、『護る』(自衛する)必要が、有るのか」の礎(いしずえ:基礎)が、憲法の目論見を『逸脱する事』(工作によって、阻害されている可能性をも、疑うに至る)により、現状のような状況に、陥っているのかと、想われる。

 よって、各種公務員(裁判官など、全種公務員)の個性を、過剰にと攻めるつもりも、無いが、「特定条件下の環境で、生活すれば、公務員に限らず、誰でもが、同じような状態に、陥る」(これは、『犯罪者が、発生する環境』にも、類似する)との程度で、認識、及び理解する事を、願う。

注意

 本件の返答は、立川市役所に限り、書面で行われたく、外の省庁による返答は、期せず。

 また、外の省庁(広報の担当)には、「類推的な確認を、行うように」と、求める。

 更に、宮内庁に限り、「天皇陛下への報告書を、兼ねる」と、解されたい。


 国家の機関へ宛てた文面には、『留意』の部分が、無い。

本文の発送先>

・国
 ・主要
  ・復興庁
  ・総務省
   ・消防庁
  ・防衛省
  ・内閣府
  ・国土交通省

 ・周知
  ・宮内庁
  ・国家公安委員会・警察庁
   ・地方公安委員会・地方の警察

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、津波、波浪の高さにおける認識

神 間違った認識は、人に、害を及ぼす事が、有る。

鬼 その害の発生を、面白く思う輩も、居る。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =