記事一覧

No.652 ごみ回収の作業を、自動化

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年11月10日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.652
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年11月09日
課題 ごみ回収の作業を、自動化
送付 国家の機関 平成30(皇紀 2678;2018)年11月09日
送付 立川市役所 平成30(皇紀 2678;2018)年11月20日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする、経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、構成員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を、行っている。

 よって、各政治、各宗教などの人員が、本文と同意的な思考で、活動や主張を行う事が有っても、一切に関係が無く、独自の経世済民的な観点と成る事に付いて、予めに御理解を、願う。

 なお、本文面を、各政治、各宗教(各思想)の活動に流用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 先進国の自治体では、ごみ回収を自動化する傾向に有る。

 よって、自治体(市町村自治:東京都 立川市役所)では、「将来において、どのような計画が有るのか」を、明確にされたい。

補足

 仮に、『これ迄、ごみ回収の作業を、自動化する事の検討が、無い』との場合では、「(あ)本件の問合わせを、『要望』と替え、(い)将来的には、『ごみ回収の作業を、自動化する事』に付いて、検討を行われたい」と、解されたい。

結語

 僕の職務歴(十代から、二十代の頃:約三十年前)には、ごみ回収の作業も、含まれる。

 また、それにおける関係から、「(ア)業種的な事情を、人間的な関係を含めて、ある程度の把握を行っている」が、「(イ)文化の進化と言う観点からも、『(一)自動化、(ニ)効率性の向上』を求める事は、重要」と、想われる。

注意

 本件の返答は、立川市役所に限り、書面で行われたく、外の省庁による返答は、期せず。

留意

 本件の内容は、各省庁の最高責任者 宛と成り、直接に関係の無い省庁では、「本案の周知」と解されたく、本件の外で、良案が生じた場合、直接に主管の省庁へと、その意見を伝えられたい。

 また、外の省庁(広報の担当)は、「類推的な検討を、行うように」と、求める。

 更に、宮内庁に限り、「天皇陛下への報告書を、兼ねる」と、解されたい。

本文の送付先>
・内閣府
 ・内閣官房
・厚生労働省
・環境省
・復興庁
・外務省
・農林水産省
・経済産業省
・防衛省
・公害等調整委員会
・文部科学省
・国土交通省

・宮内庁

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、ごみ回収の作業を、自動化

神 文明の進化は、重要だ。

鬼 その通り、悪も進化する。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =