記事一覧

No.653 『ごみ』と資源の分別

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年11月20日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.653
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年11月20日
課題 『ごみ』と資源の分別
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年11月20日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする、経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、構成員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を、行っている。

 よって、各政治、各宗教などの人員が、本文と同意的な思考で、活動や主張を行う事が有っても、一切に関係が無く、独自の経世済民的な観点と成る事に付いて、予めに御理解を、願う。

 なお、本文面を、各政治、各宗教(各思想)の活動に流用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 立川市役所では、『資源とごみの分別ハンドブック』と題する冊子が、管轄下の民に配布されている。

 その副題には、『平成25(皇紀 2673;2013)年度11月1日実施 家庭ごみ戸別収集・有料化対応版』と、記載されており、(保存用)とも明記されている。

 よって、「冊子の配布から数年が経つので、その内容に更新が有ったのか」を、明確にされたい。

補足

(一)
 過剰に、更新を促す観点は、無い。

(ニ)
 仮に、「冊子の更新が有った」にも関わらず、当方の手元に、更新された冊子が無いのは、不適切に思える。

 (甲)
 更新された冊子が有るのならば、それを送られたい。

 (乙)
 また、『ごみ』の分別に関する Web Site の頁が、有るのであれば、それ( URL :または、検索に用いる語句)を明確にされたい。

 (丙)
 「冊子的な更新は、無い」が、「新たな用法が、定まっている」のであれば、前出の(乙)等によって、簡略的にと伝えられたい。

(三)
 更に、何らの更新が無い場合は、実施から数年が経過するので、全体的な確認を行われたく、不具合が有るならば、改めての良案を検討されたい。

(四)
 なお、「立川市役所は、平成28(皇紀 2676;2016)年12月19日付で、多文化共生都市宣言を行っている」が、それを想えば、日本語だけで作成されている冊子(『資源とごみの分別ハンドブック』)のみ存在するならば(在日外国人への冊子、資料が無いのならば)、不適切に(宣言の不履行と)思える。

結語

 今時代だと、ごみ回収の方法は、本邦の自治体に限らず、あらゆる国で、色々な手段が、試みられている。

 よって、「仮に、実施における内部(公務)的な評価の検討が有るならば、各国の事情と比較を行いつつ、評価を行う事」を、推奨する。

追記 国家の各機関 宛

 本文面は、立川市役所 宛に成るが、本邦に在る千数百の自治体でも、『ごみ』の『(A)発生、(B)回収、(C)処理』における各種の方法が有るのかと想われ、それらへの調査を行い、良案や事例を、Web Site 等を介する形で、公表する事を、検討されたい。

 また、現状の本邦や先進国では、『商品を購入する事』が、『(a)過剰な包装』等の事情から、「(b)『ごみ』の購入を行っているのと同等」と想える売買が、日常化。

 挙句の果に、「前出における(B)、(C)の処理が、資本的な負担にも成っている愚かさ」は、哀れに想える。

 よって、国は、配下の自治体へ、『ごみ』の『(a)発生、(b)回収、(c)処理』の事情(情報)を集めつつ、良き事例があれば、Web Site 等を介する形式で、公表する事を、検討されたい。

注意

 本件の返答は、立川市役所に限り、書面で行われたく、外の省庁による返答は、期せず。

留意

 本件の内容は、各省庁の最高責任者 宛と成り、直接に関係の無い省庁では、「本案の周知」と解されたく、本件の外で、良案が生じた場合、直接に主管の省庁へと、その意見を伝えられたい。

 更に、宮内庁に限り、「天皇陛下への報告書を、兼ねる」と、解されたい。

本文の送付先>
・国
 ・内閣官房
  ・内閣府
 ・宮内庁
 ・復興庁
 ・公害等調整委員会
 ・外務省
 ・文部科学省
 ・厚生労働省
 ・農林水産省
 ・経済産業省
 ・国土交通省
 ・環境省

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(神と鬼の囁き)

万学2的、『ごみ』と資源の分別

神 物事の分別は、重要。

鬼 鬼と神が、同等じゃぁ、なぁ。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =