記事一覧

人工的な知能と、労働者の関係

労働者の必要性

 本邦では、憲法により、『(あ)職業を選択する自由(第二十二条)、(い)勤労の権利、義務(第二十七条)』の定めが有る。

 労働の分野で、『(ア)人工的な知能が、多く起用される事により、労働者が余る可能性が懸念され、(イ)少子化の影響により、人工的な知能による稼働率を、増やす必要が有る』と言う、二つの観点が、生じている。

 また、文化の発展と言う観点で、人工的な知能を起用する事を、早期に思う国や文化は、多い。

参考
 ・【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらしていないのか? Newsweek 日本版 平成30(皇紀 2678;2018)年12月11日(火)20時05分

日本国 憲法

昭和二十一年憲法

第二十二条
 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

 二項
  何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

第二十七条
 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 二項
  賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

 三項
  児童は、これを酷使してはならない。