記事一覧

EPSON_PX-045A Linux OS に、認識させる

EPSON から、Driver(ドライバー) が、提供されている。

 公開されている情報を基に、導入。

参考
 ・EPSON > サポート&ダウンロード > 他社製品動作確認情報 > セイコーエプソン株式会社のLinuxドライバーダウンロードについて
  ・ドライバーダウンロード
 ・LinuxでEPSONの複合機は使えるの? - パソコン楽しい大好き 平成30(皇紀 2678;2018)年01月01日

作業

(一)

・ESC/P Driver (full feature)
・Epson Printer Utility

# dpkg -i ( File Name )

 Error が出たので、別の方法で、対処。

# apt update
# apt upgrade
# apt --fix-broken install

※ All-in-one package
 この Data ( iscan-bundle-1.0.4.x86.deb.tar.gz )は、次の手順で、処理を行った。

 (甲)
 解凍。

 (乙)
 iscan-bundle-1.0.4.x86.deb と言う、Directory(ディレクトリィ) が、造られる。

 その中に、『 install.sh 』が有るので、それを実行。

# ./install.sh

(ニ)
 CUPS を、Install する。

# apt install cups

(三)
 各設定を行う。

 (甲)Printer

 通常の設定を行う。

ファイル 4171-1.png

ファイル 4171-3.png

 (乙)Scanner
 『 /etc/sane.d/dll.conf 』の記述を、変更。

# vi /etc/sane.d/dll.conf

 頭文字が、ABC 順に並んでおり、『 epson2 』を、『 Comment Out(コメントアウト)』に、変更する。

#epson2

 次いで、『 epkowa 』を、加筆する。


 僕の場合は、「文字列の最下位に、加えてみた」が、大丈夫だった。

epkowa

 (丙)
 PC を再起動、『 Image Scan! for Linux 』を稼働させると、使えるように成っている。

ファイル 4171-4.png