記事一覧

物語の事件と、模倣犯

物語の事件

 主に、作家による、架空の事件。

 その内容が、あまりにも現実的で、巧妙な場合、それを模倣する犯行者が、出現すると想われ、脅威と成る事が解る。

物語を模倣する犯行

 物語の内容を、現実的に模倣する犯行が、懸念される。

僕が危険と、判断するに至った事例

 僕が、懸念を抱き、警察庁へと警告を行ったのは、『(A)女性を拉致後、監禁、(B)洗脳、意識の操作( Mind Control )を行い、(C)隷従的に囲う』との事件で、宗教の団体等でも、男性を含めた被害(事件)が、生じていた。

 当時は、異常に、『(a)女子の『児童』(満18歳に満たない者)や、(b)二十代前後の女性』が、拉致、監禁、通り魔、痴漢などに襲われたりする事件が、多発。

 外に、(a)、(b)の家出も、多発。

 更に、(a)、(b)が生活費を得る為に、『(弌)売春、(弐)囲い主』を、Internet 等を介する形式で、探す事も、生じていた。

>対策
 特定の映画が、犯行の誘引に繋がっている可能性を、警察庁へと報告。

参考
 ・日誌/進捗/平成25年度/216
  ・警察庁 失踪中の未成年者を匿う大人に付いて

 以後において、類似や関連する事件の報道は、徐々に減っている。