記事一覧

本邦と、露西亜は、平和的条約の締結に、至るのか。

「露西亜は、積極的だ」と、報道されている。

 想えば、「本邦が、全世界の各国と、平和的条約の締結が、行えたならば、『日本国からの観点』では、国境が有っても、国家間の争いは、生じ難く成る」と、想える。

 その為には、「相応な、経世済民的な戦略論を、必要とする」(つまり、「平和を維持する事にも、戦略性が、求められる」)とも、想える。

参考
 ・「受け入れ可能な条件模索」=日ロ平和条約でプーチン大統領
  ・JIJI.COM 平成31(皇紀 2679;2019)年02月20日 22時19分