記事一覧

1型糖尿病の障害基礎年金を、認める判決

国の控訴は、生じるのか

 地方裁判所での判決は、相手方(国)による控訴の請求によって、高等裁判所で、改めて、争われる可能性が、有る。

 また、逆に、相手方が、控訴の期日迄に、手続きを、行わない場合は、地裁の判決が、確定する。

参考
 ・1型糖尿病、障害基礎年金認める
  ・一般社団法人 共同通信社
   ・平成31(皇紀 2679;2019)年04月11日 16:22

>留意する事
 『公的な機関における、決済の仕組み』を、一般人が、把握する必要が、有って、『(ア)裁判における国側の担当官は、判決後、(イ)それを、上官に、報告、(ウ)国家の立場から、意思的な決定権を、有する人物(最上官は、総理大臣、次いで、各大臣、及び長官)による判断が、行われ、(エ)その決済(手続き)を、経て、(オ)訴訟の担当官が、(訴訟の)手続きを、進める』行程が、現実。

 また、「表見的に、国側の担当者へ、恨みを、ぶつける心理が、生じ易く、成る」が、その行動を、抑制する必要も、生じる。それは、「訴訟の担当官は、国家の組織における作業員の立場にあって、本質的な、意思的決定は、別の人物が、行っている」のであり、表見的な事実に、よって生じる、『怒りの感情が、生じる事による、敵意の解消』と言う観点では、それを担当官に、向けても、然程の効果が、無い。

 よって、適切な人物へと、時代的相応と成る、健全な手段で、訴訟の手続きに基づく、攻撃を、検討する必要が、有る。

僕の自論(時論)

 僕の観点だと、「今後も、糖尿病に付いて、四十代以上の人は、食文化の関係から、増える傾向に、有る」と、(数年前に:父親の関係や、自分の体質を、含めて、色々と、世情を、調べた:本邦の食文化と、営利の関係、及び輸入や、西洋の食事情も、調べた*1)、判断。

 既に、『健康増進法』が、設定されているが、僕の体験だと、「超尿病に関する分野では、『極限られた人達のみ』が、利益を、得られる」(平等性に、欠ける:『特定の宗教や、思想』を、介する形式で、利益を、得られる仕組み;牧民化の工作)とも、判断。

 本邦における『糖尿病を、蔓延させる文化的な工作』は、かなり深刻な事が、解っており、僕の課題にも、成っている。

参考
 ・国 加糖な国民の生活 日誌/進捗/平成30年度/175

 また、それの外で、『(あ)持病と、(い)生存の権利を、獲得する事』を、主体に、法廷で、争っている人達も、極少数ながら(ある意味で、適度な数の集団が)、居るのも、現状。

 

*1:米国などでは、既に、映画などを介する形式で、警告の活動を、行っている者も、居た。参考の映画 Michael Francis Moore 監督 『 Super Size Me 』・(Wikipedia)等が、有る。