記事一覧

公務員は、刑事告発義務を、果たさない傾向に、有る。

刑事訴訟法に、反する。

 刑事訴訟法では、告発の義務が、公務員に、課せられている。

 現状では、公務員によって、刑事の事件が、生じても、所属する組織から、刑事の告発が、行われる事は、殆ど、生じてない。

事例の参考
 ・「恨みがあった…」警察の人事異動の顔写真に『呪』『死ね』 書き込んだ男性警官を処分
  ・東海テレビ
   ・平成31(皇紀 2679;2019)年04月19日 20:09
 ・『呪』『死ね』…警察人事異動の警察官顔写真データに“文字” 内部職員のいたずらか
  ・東海テレビ
   ・平成31(皇紀 2679;2019)年02月28日 20:55

参考

刑事訴訟法(電子的政府)
平成二十九年六月二十三日公布(平成二十九年法律第七十二号)改正

第二百三十九条
 何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることが
できる。

 二項
 官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると
思料するときは、告発をしなければならない。
刑法(電子的政府)
平成三十年七月十三日公布(平成三十年法律第七十二号)改正

第九十五条(公務執行妨害及び職務強要)
 公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は
脅迫を加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は
五十万円以下の罰金に処する。

 二項
 公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又は
その職を辞させるために、暴行又は脅迫を加えた者も、前項と
同様とする。


第二百三十四条の二(電子計算機損壊等業務妨害)
 人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する
電磁的記録を損壊し、若しくは人の業務に使用する電子
計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、又は
その他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき
動作をさせず、又は使用目的に反する動作をさせて、
人の業務を妨害した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の
罰金に処する。

 二項
 前項の罪の未遂は、罰する。