記事一覧

FierFox ESR_Debian_9 最新の物を、手動で、導入

突然に、機能が、制限された。

 色々と、原因を、調べる余裕も、無いので、最新版を、導入する事に、決定。

 後日に、Update の関連で、不具合が、
生じていた事が、判明。

 改めて、Update、Upgrade を、行う事で、
解消されると、想われる。

 基本的には、以下の対処は、必要と、
されてない。

導入の前に、確認(認識)する事

 Fierfox にも、色々な分類が、有る。

・Fierfox
・Iceweasel
・Fierfox ESR

 Debian 等に、導入されている、各国の言語に、合わせた物は、『 Fierfox ESR 』の形式で、提供されており、更に、改造されていると、想われ、その関係から、更新の経路等も、異る。

 今回は、Debian の経由では、無く、製造元で、提供されている『 Fierfox ESR 』を、導入する事に、決定。

 なお、導入後は、「(A)手動的に、Soft の UpDate を、行う必要が、有り、(B)それによって、不具合が、生じる可能性も、有る」ので、注意が、求められる

 ・・・故に、一般的には、OS の Update 情報を、基に、
Upgrade する事が、求められる。

 また、OS 側の Update 情報では、『各 Soft の動作的な
検証後』に、提供されるようなので、本家の公開から、時間を、
要するが、不具合の発生が、低く、OS 特有の不具合も、調整
されている事が、多い。

最新版の導入

(一)
 本家(www.mozilla.org)に設置されている、専用の頁から、OS に、合う、希望の Soft を、選ぶ。

DownLoad
 ・各国語の Firefox Extended Support Release をダウンロード
  ・mozilla.org
   ・『 Japanese、日本語 』が、有る。
    ・令和元(皇紀 2679;2019)年05月06日 現在

(ニ)
 保存を、行った 『 圧縮 File 』を、展開する。

 その中に、『 Fierfox 』(Directory:ディレクトリィ)が、有ると、想われるので、『 HOME(外部からの侵入には、安全性に、欠ける場所なので、推奨は、行わない:説明の都合上で、解り易い、場所名だった) 』等に、移動等(任意の場所に、移動)させ、 Folder 内に、有る、Plogram の 『 Fierfox 』を、起動(くりっく)すれば、終了。

留意 Soft( Fierfox ESR ) の更新など

 存続の Soft とは、『異なった存在』(格納された場所が、
異なっている)ので、複数の注意が、求められる。

(あ)
 導入後は、二種類の異る Fierfox ESR が、存在する事。

(い)
 以後の UpDate に付いては、手動的に、行う事を、推奨。


 なお、「更新が、行われたのか」を、警備上の関係から、知っておく必要が、有ると、想われる。

 よって、『初期の標準的な設定(更新を自動的にインストールする)』から、『更新の確認は行うが、インストールするかを選択する』に、設定を、変更する事を、勧める。

>更新( Update )を、行う手段

(甲)
 (1)
 『メニュー』→『設定』→『 Fierfox の更新』

 (2)
 『メニュー』→『ヘルプ』→『 Fierfox について』の項目から、更新を、行える。

(乙)
 『 Debian(または、使っている OS 側で、提供される、Update 情報) 経由の更新とは、異るの』で、不具合が、生じる可能性も、有ると、想われ、注意が、求められる。

(丙)
 初期の起動時に、「専用の Web Browser に、指定されてません」との旨で、表示され、「専用の Web Browser に、登録を、行いますか」との問で、『登録を、行う』と、以後は、以前(標準に、設定されていた、Fierfox )の、Starter Iconで、起動を、行っても、今回に、導入された物が、起動する。

※ 古い(存続)の Fierfox を、稼働させたい時

  何だかの理由により、OS 側で、Update されている方の
 Fierfox を、起動させるには、『ソフトウエア』( Soft 
 管理 Application Software )に、記載されている、
 Fierfox を、選べば、起動する事が、可能と、想われる。

  又、古い方(存続分)の削除を、行わない事を、勧める。