記事一覧

三匹の子豚と、Freemasonry

一般的に、知られている物語

資料
 ・三匹の子豚(Wikipedia)

 一匹目の子豚は、藁(わら)で、家を、建てる。

 二匹目の子豚は、木の枝。

 三匹目の子豚は、突然に、文化が、特化する、煉瓦(れんが)。

本邦の文化的な、発展と、比べるならば。

 例えば、本邦の義務的教育で、習う、観点では、次の通り。

 縄文の時代は、竪穴(たてあな)式の住居。

 弥生の時代は、高床(たかゆか)式の住居。

 後に、木造。
 ・基礎に、石が、用いられる事を、含む。
 ・壁には、土壁(つちかべ:Wikipedia)が、用いられる事を、含む。
 ・屋根には、板、茅葺(かやぶき:Wikipedia)、瓦(かわら:・Wikipedia)等が、含まれる。

 次いで、現在では、
 ・鉄骨(てっこつ:Wikipedia
 ・鉄筋 Concrete(てっきん こんくりーと:・Wikipedia
 、、、等が、有る。

世界的規模の文化的比較では

 竪穴の形式は、万国的に、共通で、見られる。

 遊牧民では、移動(移送)が、可能と、成る、仮設型の住居(天幕:てんまく:Wikipedia)が、有る。

 また、定住地での農耕が、展開されている文化では、『高床式』が、見られつつも、『地下室』の観点も、生じており、『貯蔵庫』の概念も、見られる。

石工

 本邦では、『(あ)大工と、言えば、木造系、(い)鉄筋、鉄筋 Concrete、ならば、建築士』を、想い浮かべるのかと、想われる。

 煉瓦(れんが)は、実質的な石に、該当せず、『加工された、泥の塊』に、該当する。

 石工との観点では、『自然の石を、加工する』との観点が、強い。

 他国の文化では、城の建築など、居住地にも、石が、用いられる。

 ところが、石が、『(ア)多く、存在する、(イ)少ない、又は、無い』との地域が、有る。

 (イ)に、該当する地域での文化では、煉瓦など、「石の代替物を、開発するに、至らなければ、『竪穴式、天幕』で、留まる文化も、有る」のが、文明の岐路と、成っているように、想える。

 また、『煉瓦』の開発から、石工の建設における範囲が、更に、広がったとも、想える。

僕の観点

 僕の父方における祖父母は、「大工を、営んでいた」との家系で、本邦における地形の関係を、想えば、やはり、『鉄骨、鉄筋 Concrete』よりも、木造の方が、馴染みが、有る。

 また、重要な歴史的建造物でも、本邦の地形や気候が、研究され、それを極めた建物が、多い。


 ・正倉院
  ・宮内庁 > ・正倉院
  ・Wikipedia

 江戸時代後では、『煉瓦、鉄骨、鉄筋 Concrete 』の文化的な観点も、取り入られているが、自然環境的には、公害の観点からも、馴染まない。

 実は、僕の『健(健康、健全)国的な国造り』では、「木材系の大工における発想が、基礎と、成っており、『自然との調和』(人の勝手が、過剰と、成って、自然を、害する後に、自らをも、滅ぼすような観点:まるで、自然界における『病原体』(Wikipedia)の如くな、存在を、避ける)も、考慮する観点で、経世済民的な活動を、行っており、漢方的な観点も、加わる。

 また、中華人民共和国の文化における諺では、『上医医国、中医医民、下医医病』が、有る。

参考
 ・「小医は病を医す 中医は人を医す 大医は国を医す」ということばの語源
  ・国立国会図書館

 僕の観点では、比較的に、『漢字の文化』による、影響を、受けている傾向に、有るけども、漢字を、書くのは、幼少期から、苦手。

 また、「過剰に、複雑な漢字を、書けても、芸能的に、過ぎず、それで、平和を、維持する事が、可能なら、とっくに、中華人民共和国は、仏教を、基礎に、国際的にも、豊かな国と、成っている」(現状では、そう成って、無いのだから、人の愚かさを、感じる:つまり、中華人民共和国の民における、愚かさと、異なり、万国で、共通と、成る、人の愚かさ)っと、想える。

 故に、僕は、父親の生前に、指摘されていた、「あまり、多くを、望むな」を、心掛けて、いる。

 そこで、僕が考えたのは、「全ては、俺の物」っと、一つだけ、望む事に、成った、訳で、御座候。

 「夢は、大きく、『寝言は、寝てから、言いやがれ』」っと言う、江戸っ子の発想に、至るのも、遺伝かと、想われる。