記事一覧

石榴(ざくろ)と、逸話

石榴とは、

 実は、各種の神話と、密接な関係に、有る事が、解っている。

参考
 ・石榴(Wikipedia

مصر(エジプト)

 太陽神(Ra)は、「人間が、反乱を、企てる」と、想っていたので、女神の『 Sekhmet 』(セクメト)に、全ての人間を、殺すように、命じた。

 ところが、「人間を、滅ぼすと、自分を、崇拝する者も、居なく、成る」と、気付き、暴れる『 Sekhmet 』を、『宥める』(なだめる)為に、石榴で、血に、似せた、『 Bier 』(ビール)を、作らせ、『 Sekhmet 』に、飲ませる。

 『 Sekhmet 』が、酒を、飲んで、酔いつつ、寝入るが、目覚めると、『 Bastet 』(バステト)に、成っていた。

参考
 ・Re(Wikipedia
 ・Sekhmet(Wikipedia
 ・Bastet(Wikipedia

日本国での逸話

 釈迦(しゃか)が、「人の子を、食べていた、鬼子母神に、石榴を、与えて、人の子を、食べないように、行った」との話が、有る。

参考
 ・釈迦(Wikipedia
 ・鬼子母神(Wikipedia

 なお、本邦の文化における、『独特の逸話』と、Wikipedia 等で、記されているが、西遊記などの物語でも、知られている通り、「日本国、中華人民共和国における、各種の物語では、『飢饉』(ききん)等が、生じたり、飢えに、絶えきれず、『成人、子供、赤ちゃん』を、食べる」との逸話が、有り、実際に、第二次世界大戦の末期には、本邦の軍人が、戦地にて、戦死者の肉を、食べる等の事件が、生じていた事は、現実的に、知られている。

参考
 ・西遊記(Wikipedia
 ・Cannibalism(Wikipedia

 (A)人肉を、食べる習慣
 (B)飢えに、絶えられず、人肉を、食べる

 (A)と、(B)では、状況が、異ると、想われる。

他の参考

・太陽神(Wikipedia