記事一覧

らい病の判決、原告(被害者)の勝訴が、確定 - 熊本地方裁判所

地裁での確定

 国に、課せられた責任を、地裁で、完結するのは、稀だと、想われる。

記事
 ・異例判断、救済急げ=ハンセン病家族訴訟
  ・JIJI.COM
   ・令和元(皇紀 2679;2019)年07月09日 13時36分

参考
 ・らい病の判決 - 熊本地方裁判所
  ・万屋の Blog
   ・令和元(皇紀 2679;2019)年06月29日(土) 11時44分

補足

 らい病の被害者には、在日外国人が、多く、居る事でも、知られているが、調子に、乗って、総理大臣へ、謝罪までも、求めるのは、破廉恥だと、思う。

 よって、本件の判決における、在日外国人には、「損害の賠償を、認めつつ、在住権の剥奪を、要望する」との思いが、日本国の民、その一人と、言う質場で、生じている、次第。

記事
 ・ハンセン病家族、首相謝罪を要求
  ・一般社団法人 共同通信社
   ・令和元(皇紀 2679;2019)年07月09日 18時26分