記事一覧

No.656 うつ病に、陥った、職員の処遇

配信 令和元(皇紀 2679;2019)年08月20日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.656
完成 令和元(皇紀 2679;2019)年08月20日
着手 令和元(皇紀 2679;2019)年08月07日
課題 うつ病に、陥った、職員の処遇
送付 令和元(皇紀 2679;2019)年08月20日

前文

 この文面は、日本国の憲法 第十二条を、基礎とする、経世済民的活動の一部で、特定の政治、宗教、思想など、何だかの団体や、構成員の優位性とは、関係が、無く、文面の作成を、行っている。

 よって、各政治、各宗教、各思想などの構成員が、本文と、同意的な思考で、活動や主張を、行う事が、有っても、一切に、関係が、無く、『独自の経世済民的な観点と、成る事』を、予めに、理解されたい。

 なお、本文面を、各政治、各宗教、各思想の活動に、転用する事は、著作権の関係からも、許可する事は、無い。

趣旨

 『(A)うつ病に、陥り、(B)抗うつ剤の処方を、受けている』との場合は、基本的に、(A)の段階で、『(a)対人的対応、(b)過度な精神的に、負担と、成る、業務(精密な書類、資料の作成を、含む)は、避ける必要が、有る』と、想われる。

 また、(B)の段階では、薬の副作用による、身体への影響を、想えば、「(A)の時よりも、(a)、(b)に、留意する必要が、有る」と、想える。

 よって、『(弌)病状、(弐)薬の服用』を、前提に、適材(人材)を、適所(業務)に、配置する必要性も、生じると、想われる。


 なお、「立川市役所では、どのような処遇が、行われているのか」を、確認する。

補足

 宗教( Freemasonry、Christianity系、仏教系など 全ての宗教を、含む)、思想(共産、社会的主義を、含む)、犯罪的組織(及び、個人的な犯罪)等の関連で、「過度に、他人の精神を、『(甲)操作、(乙)破壊、(丙)洗脳』等が、行われている事は、広く、世間的にも、知られている」が、何だかの理由で、抗うつ剤の服用を、行っている者は、「公務に、不向き」と、想える。

 例えば、「療養で、休暇中の場合は、人員の枠が、在りながらも、『人材の出勤が、無い』ので、業務の負担が、生じる」と、解るに、留まらず、『人材の欠員と、異なる』ので、人材の補充が、行われない。

 つまり、「人材の欠員が、生じれば、新たな、人材の補充を、行える」が、病気で、療養中の休暇ならば、人材の確保は、行い、難く、成る。

 また、近年では、「教員職の分野でも、深刻な状態に、有る」と、話題に、成る事が、有る。


 よって、「立川市役所では、『(A)、(B)の状態と、成った職員に、どのよう処遇を、行っているのか』を、確認する」に、至った、次第。

追記

 「職員が、(B)の状態に、陥る事を、関知する事は、当事者の申告が、無い場合、困難だ」と、想えるが、「健康診断時に、行われる、『尿、血液の採取』(服用する薬品の関係)等で、解る」とも、想える。

 また、「病気などの状態は、個人的な情報に、含まれる」と、解されるが、『公務における、健全性の維持』との観点から、「必要に、応じて、正当的防衛の思惑から、調査を、行う、必要が、生じる」とも、想える。

留意

 本件の内容は、全省庁の最高責任者 宛と、成り、僕の観点では、本件を、司る(基幹の:主務:戦略)部署(省庁)は、厚生労働省と、判断する。

 よって、直接に、関係の無い省庁では、「本案の周知」と、解されたく、本件の外で、良案が、生じた場合、直接に、主務(主管)の省庁(厚生労働省)へと、その意見を、伝えられたい。

 なお、宮内庁に、限り、「上皇、今上天皇陛下への報告文を、兼ねる」と、解されたい。

注意

 本件の返答は、書面で、行われたい。


 国家の機関へと、宛てた文面には、『※』の文節は、記載されて、無い。

本文の送付先>
・全省庁
 ・電子的政府 各府省への政策に関する意見・要望に、標準で、表示される、全省庁。

・外
 ・立川市役所

笑いの電動コケ師達(神と鬼の囁き)

万学2的、うつ病に、陥った、職員の処遇

神 公務の負担を、解消する事も、重要視される。

鬼 十字架を、背負い、刑場に、向かう、誰かのような、労働者たち

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =