記事一覧

私の「こっぴー隊」

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2007/6/18(月) 午前 6:05

$FILE1_c

出会いは・・・

 とある企業への面接の帰りに、小さな花屋さんがあり、
特価の鉢を見つけ105円を握り締めて、Counterへ・・・。

 ふと棚を見たら、Glass(がらす)容器の中で何かが
動いている・・・( ̄ω ̄ ん? よく見れば、めだかの
ような魚が泳いでいるのだけど、水草以外にわ何もない。

>゚))彡 ===Σ(・ω・ノ)ノ っえ!ぶく♪ぶく♪無い!?

 店員に聞いたら「この魚は、週に一回ぐらい水を替え
ているていど、それ以外に特に何もしてませんよ♪」と、
そいつは、御手軽だぁ~!!

 見た目は、熱帯魚みたいなんだけども、Heater何かを
必要としないでも、一年を通して変えるらしい。。。

      ...φ( ̄ω ̄メモメモ

 そしてσ(^・ω・^) ボクは、家路にと・・・。
二度目の出会いは?
 始めてあった時には、只単に珍しいと言うだけでした。
しかし二度目に会ったのは、小さいConvenience Storeの
Counterで、Register(れじ)の横に四角いAcrylic容器に
入って置かれていた。

 御店のおじさんに聞いたら、「実は、これを飼い始めて
かれこれ一年になるんだけど、つい最近卵を産んだんだ」
と自慢げに見せてくれた。

 飼育の方法等も聞いて、それならPetBottleでも飼育が
可能かもしれないと思いつき、購入場所を聞いたら近くの
HomeCenterに売っているとのことでした。

 そもそも、そのConvenience Storeに立ち寄ったのは、
その時期に習慣になっていたPoolでの水泳に通っており、
その前に水分の補充をしようと立ち寄ったのが二度目の
出会いでした。

 しかしσ(^・ω・^) ボクは、Apartment House住まいだし、
植物だって満足に飼育できない状態にいる性格なのに、
飼育を始めても大丈夫かなぁ~(。-`ω-) ん~♪

 っと言う事で、その日にわ購入をせずにPoolで泳いで、
そのまま帰ってきました。
決断の時
 すっごく悩んだんです・・・。

 実は、小さい二つの鉢植えに「Pothos(ぽとす)」が
部屋に置いてありました。

 それも一鉢100円で、数年前に購入してきたのですが、
数枚の葉が落ちてしまい、両方とも一枚だけの葉になり、
僕自身が(´・ω・`) しょぼぉ~んとしておりました。

 そもそも、その時期から生活事情が経済的な苦境を
強いられている状態だったのです。

 ところが、その二つのPothosの鉢が葉が一枚になった
ときに、『自分にわ今、食べるものが無いけど、Pothos
だったら、再繁殖させられるかもしれない』との判断で
土替えから初め、日々に観察をする事となりました。

 一年後には、双方に葉が一枚づつ生え、二年後には、
もう一枚が生えてきて、すごいなぁ~!!!っと思い
日々に世話をしていた。

 植物は、動物と異なり、表現力が比較的に豊かとは、
言えませんが、それでも凄さを感じていた。むしろ、
当時の自分が、それによって勇気付けられていた。

 そして四枚目の小さな葉が出て来ている時に、新たに
もう一つの決断をすることとなる。
動物でも大丈夫だろうか?
 購入して数年が経つPothosに対して、「魚の飼育」は、
かなり困難であると思って、色々と悩んだのですがぁ、
どうしても飼育してみたく、決断をすることとなります。

『値段は、一匹30円ぐらい。餌は、金魚の餌で良いんだ』
との御店の「おじさん」からの情報が頭を駆け巡る♪

 3匹ぐらいだったらPetBottleで飼育できるだろう!

 そう想い、Poolへと泳ぎに行く前に、その近くにある
HomeCenterの中にあるPetShopへと足を運んだのでした。

 初めは、3匹でしたが、でも、5匹の方が良いかなぁ?
などと悩みつつ、御店の人に性別の見方を聞いてみたら、
『まだ幼魚なので解らない』と言われましたが直感的に
♂♀が解り、その組み合わせを考えて、Bottle三つにて、
二匹づつ購入しようとの決断に至りました♪

 そして店員さんが網で、すくっている時に「もう一匹
購入して七匹にするか♪」っと言う事で、改めて一匹を
追加しました。

 そして餌を購入するのですが、これも一袋100円の物を
購入しましたが、あれから約二年経以上が経つのですが、
未だに消費しきれずに、それを与えています。その時に、
特別に栄養のある量の少ない200円程度の餌も、購入して
それを混ぜて、日々に与え続けています。
悲劇は、初日から・・・
 部屋に戻り、洗面所でPetBottleへ「とこっぴー隊」を
移そうとしたら、元気の良い一匹が飛び跳ねて、足元の
排水溝へと落ちてしまった・・・!Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 一大決心で購入したのに、いきなり一匹が・・・。

  。・゚゚ ・ ( >ω< ) ・ ゚゚・。 ワァ~ン

 正直言って、泣きそうになりました。(´・ω・`)ヾ

 その排水溝に落ちたら救助としては、絶望的な状態で、
その場に、10分ほど途方に暮れてしまった。

 その当時には、Disney映画で「にも」と言う作品が、
封切られ人気だったのですが、その名前にあやかり、
『こっぴー隊』の中で一番初めに名づけられたのが、
排水溝に落ちた「にも」でした。
それから二年半
 相変わらず、私の生活が一日一食などの時もあって、
「こっぴー隊」も同じ・・・w

 しかし、二年目になって、体系も大きくなった事も
あって、去年の夏の時期には、朝と晩に餌を与えて、
いたのですが「餌を与えすぎても良くない」と情報を
得ていたので、秋から春にかけては、一日一食に切り
替えてました。

 去年の10月には、待望の第一期BaybySが、成魚まで
発育し、それ迄に数回の産卵期から孵化した幼魚達を
育てる事ができず、かなり落胆していた時期もあり、
生き物を飼育するのも辛いよなぁ~と、想いつつも、
「えっちら:♀、おっちら:♂」が、成魚になって、
今も更に育ってくれています。
でも実施には・・・
 水草の購入、病気の発生、それに対する不十分なる
環境での治療、そして、幼魚の飼育や、沼さん一家の
導入を含めて、色々とありました。

 それらの観察は、HPにも記載がされておりまして、
Blogsの運営が始まってからは、Blogsへと観察記録を
記載しています。

 魚にも固体に性格があり、♂同士の争いや、夫婦の
絆なども、凄くDramatic(どらまちっく)な場面等を
σ(^・ω・^) ボクに見せてくれて、その度に感動をして
記事にしていた。

 今度、新たに『沼さん一家(みなみぬまえび)』の
♀の一匹が待望の抱卵をしているのを発見しまして、
新たなる期待をしていますが、「みなみぬまえび」の
寿命が約1年とされており、♀の場合には、抱卵して、
子供が孵化すると間も無く、その生涯を終えてしまう
とのことなので、世代交代の観点からの幼生の飼育に
重大性があります。

 『こっぴー隊』でも幼魚だけでなく、成魚までもが
多くの犠牲となっている状態で、更に難しいとされる
「沼さん一家」の孵化から成魚までの飼育の観察が、
現在の課題になっています。

 もちろん私の人生において、それらが全てと言った
わけでわありません。

 しかし、それらを観察する自分も紛れも無い私自身。

 皆さんにも、自分でも気が付かない自分がるのかと
思います。それが、どんな時の自分か解りませんが、
時には、客観的に自分を観察する事も必要ですねぇ。

Σ(〃▽〃) あはぁ♪
こっぴー隊員たちは・・・
 初期導入に七匹から始まりましたが、最高時には、
15匹おり、その後に病気などによって他界してます。

 現在では、二世代目の二匹を加えて5匹。

 沼さん一家も同様で、現在までに十数匹が導入を
されていましたが現在では、4匹おり、そのうちの
一匹が抱卵をしています。