記事一覧

No.0756 Judea(ゆだや)の規律

配信 2009-04-08
=== 元祖・万(よろずがく)学 ===
No.0756
作成 2008-05-20
課題 Judea(ゆだや)の規律

= その規律とわ? =

 Judeaの規律に「土地を持ってわならない」と
言う規律があるらしい。

 つまりは、自由に移民できる状況にもあって、
必要であれば、現住所を安易に移転することが
可能である事を意味している。

=== 土着民 ===

 特定の地域に拘り、そこで先祖代々に文化を
営み続けている状況の民を意味している。

 別枠で区別する必要があるのが『先住民』と
言う言葉であって、その土地に対して先住して
いる民であるが、古来から、そこに住んでいた
と言う訳でわない民を意味する。

 しかし、どこまでを西暦的に遡って先住民と
言うのかは、大きな疑問点がある。

=== 郷土を愛する想い ===

 故郷(ふるさと)は、遠くにありて想うもの♪

 ・・・っと、言う言葉がある。

 そんな意識が、広まり過ぎた事もあり、現在
故郷でわ過疎化が進行している状態にあるのだ。

 しかし人が定住する『愛郷(あいきょう)心』
とは、どう言う観点で生まれるのか?

 人は、どの生物と比較しても、あらゆる環境に
順応する能力を持った唯一の生物である。

 ところが一度、順応を経てしまうと、改めての
環境に身体が適応するには、長い時間を要する。

 っと言うのが、身体医学上で問題点であったが、
科学も進み、衣服や、それ双方の防御装置などを
開発して、人が生身でも、あらゆる生活環境にと
対応できる文化的な技術を得ているのである。

 つまり身体的な進化が追いつかない状況などを
補助する機能として『補助装置の開発』を行ない
文化的な向上を図ったのである。

 そうなると環境として人が求めるのは、日々の
生活における利便性にあって、長年に住み慣れた
土地であれば、それ相応の生活習慣が見に付いて
居るために、移住を心地よく想わない場合もある。

 それが人の心理であり、そうした環境などを、
保持しようとするのが愛郷でもあり、歴史的な
自然環境としての思い出としては、郷土愛との
観点があるのかと想われます。

=== それらを踏まえて・・・ ===

 Judea(ゆだや)の観点では、一つ大きな矛盾が
あるのかと想われるのである。

 『Jerusalem(えるされむ)』の存在である。

 近年に至っても、宗教紛争が絶えない原因として
Judea側の言い分では、「神から与えられた聖地と
主張をしている」のである。

 しかしJudeaの規律で『土地を持ってわならない』
と定めがあるのに、それを「神からの御告げ」を
表して逸脱して、Judea人の聖地として主張などを
行っているのである。

 この場に、嘆きの壁がったら・・・。

\(_ _ ) なぜJudea教は、神の御告げを主張して
      平然と性として土地を確保しようと、
      活動しているのか・・・。

 っと、有神論者的無宗教派である私の嘆きを、
ぼやいて、みたいが・・・爆

=== 笑いの電動コケ師達 ===
万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪

<お題>
万学的、Judea(ゆだや)の規律

天才 人が人らしく生きて行く為の規律である。

博士 人類規模での繁栄を考慮した科学書である。

秀才 あらゆる災難を避ける為の礎である。

HIRO FreeMasonの人員は、脱会が可能なのか?

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =