記事一覧

『鯨類捕獲調査』に付いて、水産省に聞いてみました!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/15(水) 午後 6:15

調査なの?

 Mass Media(ますめでぃあ)などでは、『調査捕鯨』などと
記載をされていますが、正式な名称は、「鯨類捕獲調査」との
名称となるそうです!

さて問題です!

(1)本当に調査なの?

(2)捕獲後は、どうなるの?

(3)財団法人日本鯨類研究所?   

 以上を踏まえまして、色々と水産庁に聞いてみました!

水産庁への問合せ・音声Data

参考>

Wiki・水産省HP

Wiki・財団法人日本鯨類研究所

国際捕鯨委員会

結論

 国家公務員も大変である事は、解るのですが
やはり末端の人員における苦労は、大変な物で
有る事が解ります。

( -ノω-)こっそり♪<私のような者にも、親切、丁寧に色々と教えて下さりました!

(∇〃) .。o(何となく、一方的な主張も多かったけど♪)

 これらの情報を踏まえて、即効でReportを、
一つ作成をしました。

 本当は、『憲法』に纏わるReportを作成すると
言う予定でしたが、こちらを先行して仕上げた。

 さて結果は?

Report

課題 日本国の財団法人による捕鯨調査に付いて
配布 2009-04-15

= 趣旨 =

 近年における捕鯨調査には、色々な問題などを
抱えており、国際的な問題にもなっている。

(1)鯨類捕獲調査

 調査対象となった鯨数は、「みんく鯨」だけで
約680頭である。

 更に調査項目が1頭に付いて100項目以上と
言われている。

 しかし、そのDataが捕鯨市場の基礎的参考にと、
なるのかは、疑問視をされる。

(2)調査後の処理(販売など)

 捕獲された鯨は、調査を行った後に、財団法人
日本鯨類研究所にて指示される価格の設定により、
販売をされる。

 つまり結果的に、売却処理をされて、相応なる
経済的な収益を回収している。

(3)環境団体、他国による捕鯨の是非

 最近では、環境団体を名乗り、不当、不法的な
活動により、鯨類捕獲調査の妨害を受けている。

 また、『財団法人・日本鯨類研究所』のHPは、
その妨害行為を受けた事情が記事の主体になって
いる状況にある。

 これら(1)~(3)の部分を円滑的に、且つ
先進国との立場から、人類規模で融和的な活動に
する必要があって、相応なる対策が必要かとも、
想われます。

=== 対策 ===
 
(1)鯨類捕獲調査

 日本国民から見ても実数的に『みんく鯨』を、
約680頭も捕獲して、且つ、その後に販売等を
行っていれば、調査と言えるのか疑問視をされる。

 そもそも調査の項目が100以上も有るのに、
捕獲総数を短時間で、全項目Dataを的確に収集
できていると、信じ難い。

 つまり、「それこそ、調査しているようすを、
動画などで撮影を行なって、公開するとの発想が
必要に成る」が、それすらもない。

 よって、どの検査項目が、将来の捕鯨市場にて
どのように効果(有力)となるDataであるのかを
釈明、立証する必要があるのかとも想われます。

(2)調査後の処理(販売など)

 調査対象になった鯨を、結果的に商業的販売を、
行って処分をしている。

 それに於ける収益は、どのように成るのか等の
詳細を国民の個々に公開をしていると、言えない
状態に有る。

 又、結果的に『調査』と言うより、「経済的な
利益」と言う観点での方が、印象的に強いとの
状況は、不適格かとも想われます。

 よって捕鯨後の処理工程をInternet等を通して
それこそ動画等を用いつつ、紹介をする必要性が
有るのかと想われ、環境保護団体との紛争などを
主体としてHPで主張している財団法人日本鯨類
研究所は、その活動趣旨として不適格な主張を、
行っていると感じている。

 主体となる情報は、鯨類捕獲調査による結果や、
今後の日本国経済に、その数値が、どのように、
有益となるのかを、目論み、且つ展開を解説する
と言うのが適当かと想われ、過剰となっている、
紛争事情を主体に公開している状況を、国側にて
指導する必要があるかと想われます。

(3)環境団体、他国による捕鯨の否定

 国際捕鯨委員会だけが議論の場でなく、日本は、
対国的的な感覚だけでなく、民間の保護団体とも、
「陸地に机を用意して、意見を広く聞く環境を、
設定する必要が有る」と判断をしています。

 犯罪学からも「不当、不法行為に影響をされる、
経済的な損失は、『想った以上に膨大』」であり、
事前に、『話し合いや、意見の聞き入れ』などの
対処をする事によって、双方にとって有益となる
結果を見出す必要が有る。

 しかし、現状では、只単に経済的損失を、双方
捕鯨団と環境団体)にて、消費をしているだけの
状態に至っている。

 世界の経済状況は、そのような費用を現代的に
必要としている状況でもなく、必要とされるべく
部分に資本が適用、消費をされる必要がある。

 よって日本国として、『自然保護団体』等から
「広く意見を聞く、相談を受ける」と言う場を、
設置して、『国家と意見者の相互的な利益』を、
見出す必要性があり、それによって不当、不法な
活動を抑制できるのかとも、想ってます。

 なお、その発想は、対Terrorismに対しても、
有効であると判断をしています。

== 結論 ==

 まるで、MiniSkirt(みにすかーと)を履いて、
周囲の異性を挑発する『女?男?』のような、
状態になっている。

 MiniSkirtを履く者が「Fashion(ふぁっしょん)
であって、不特定の異性を誘惑するつもりなど、
まったく無い!」と主張をするのかもしれない。

 しかし、相応にして事件が生じるのであって、
警察機関などでも、事件沙汰の状況には、呆れて
いる状況に有るらしい。

 ちなみに、そうした状況(MiniSkirtを履く)を
正当化したい場合には、普通だと、BodyGuard
(ぼでぃーがーど)を、必要としている。

 よって日本国としても、正当性を主張するとの
場合には、相応なる防御態勢を整えて、活動する
必要があり、「事件沙汰を、誘発する意思などが
無いとの意思表示を、する必要もある。

 しかし・・・。

 日本国内の女子高生における、風俗の乱れや、
他国の先進国における、風俗状況を見ても解ると
言うようにBodyGuardを付けて、Fashion性などを
保護する必要があるのか、大いに疑問である!

 風俗は、乱れに乱れて、若者たち自らが将来を
捨てる状態にあって、明日程度の未来を夢見て、
日々を生きている。

 それと類似した国際状況は、好ましく無いと
想われ、相応なる自体を避ける必要があると、
感じています。 

 

            日本国民の一人より

Reportの発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(但し、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関
(但し、電子政府から発送 http://www.e-gov.go.jp/