記事一覧

日本国における行政の贅税対処が始まる?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 

ファイル 4366-1.jpeg

必要としているのは、何か?

 とかく現代人の錯覚として、資本を
追ってしまう傾向にあります。

 その現象は、日本国に限らずとも、
世界中の人が陥りやすい現象であり、
特に貧困層では、「御金が有れば・・・」
などの「資本への嘆き」を展開する
と言うに至る事がある。

 ちなみに、どの宗教原理においても
「『貨幣は、物流の代価(だいか)』
であって、その代価を得て新たな物
(必要な物や、慾する物)を入手する
ことになる」っと解いているはず。

 つまり資本を得る為には、そもそも
『代価の根源』が必要であり、それが
産物なのか、個人の能力をServiceと
言う形で提供をすると言う物なのか?
などにより得られる「代価」や、先祖
代々からの財産などを引き継ぐと言う
資本も有る。  

 しかし似非となる資本主義宗教だと
「加護の感謝、英知を得た後による、
利益の分配などは、当然に貢がれると
される者の所へ集まる」などと解く。

 また、その全く反対的に「技能等を
追求しつつ、その能力が価値となって、
利益を産む」と言う教えを説く団体も
有るようです。

( -ノω-)こっそり♪<犯罪の沙汰も、能力次第ですからね・・・w 

贅税(ぜいぜい)

 身体の贅肉などのように過剰と成る
税金の消費を見直す感覚が必要であり、
公共機関に求められているのは、資金
だけでは、無い。

 特に公務員に課せられているのは、
公務能力(行政Service対応)であり、
「税金を都合よく消費させる能力」は、
問われて無い。

 そもそも公務員試験に「経営学」が
その範疇に無いと言うのが致命的で、
「湧き水の如くに集まる資金などを、
奪い合うのが政治であり、分配された
資金(税金)を消費するのが、末端の
公務である」っと言う状態にある。

||<参考 YahooNEWS>||

結語

 私が、ここ数年で注目をしているのが
「『PCの利用』と言う観点で行政側が、
その使い勝手が悪い」と言う点に焦点を
合わせている。

 その現象は、裁判所などの司法機関を
含めて、犯罪者などに劣っている状態に
陥っている状態に有るのかとも想われる。

 しかし、ここ2、3年ぐらいで一気に
進化をしている状況に有るようです!

 但し、司法に関する分野では、装飾が
過剰になっている傾向にあるのかとも、
想われます。

健康と健全の維持!

 一見して国や行政の問題だと考えてる
一般国民が多いのかと想われるのですが、
国民個々の平均的な家庭環境の拡大図が
国家であると言っても過言で無いのかと
想われます。

 つまり一般国民が自の健康と健全性を
追求すれば、必然的に公共側でも国民へ
健康と、健全性を補助する体制を整える
状況に有り、且つ国民側も、それを望む
と言う関係が生まれる(又は、育まれる)。

 そうした『国と民との関係』によって、
国家の健康と健全性が保たれるのですが、
それが安定期に入ると、待つ利上げ等が
始まり、後にて愚民化する事にった挙句、
改めて、祭り上げ制度を打開する検討が
されると言う、交互展開によって文化が
発展している状態に有る。

 日本の歴史では、『天候による飢饉』
と言う部分で、その昔から発生をしてる
現象に有るが、西洋等の新しい文化だと、
その点に着目がされて無いことが多い。

 西洋文化では、比較的に安定期が長く、
その割には、一気に環境倒壊が発生する
っと言う現象が多い。

 その環境倒壊の一つに「戦(いくさ)」
っと言うのも含まれるが、日本国などは、
それを避けている状況に有る。

 つまり異常気象に伴う、国家規模での
不経済現象は、文化的な歴史を遡ると、
古来から発生している現象であり、その
歴史を紐解けば、色々な事件に伴って、
相応の犠牲が生じつつも、人が生延びて
居るのが現状である。

 その繁殖率は、他生物を遥かに上回る
状態に有り、ある意味で脅威になってる。

 嘗ては、人が人を食らうまでに陥った
時代もあたっとされている程であって、
西遊記などにも、逸話(童話)として、
現代に語り継がれている。

 更に、西洋でも童話などで、集落的な
悲劇などが、語り継がれている。

 つまりは、形が変われど現象が同じと
言う文明的な過程での『典型的状態』が
繰り返されている事が解るのである!

 しかし、『典型的状態』が生じても、
それを時代ごとの現象に応じて乗り越え、
現代に至っている。

 逆に、そうした過去の現象から学び、
現代的には、どのように対象するのか?
っと言う思考が、人類繁栄の鍵に成って
いるのかと想われます。

 日本の歴史では、長期の政権安定期に
あったとされる『徳川時代』にと注目を
されているのかと想われます。

 しかし、その後での展開がよくない!

 ところが、そうした色々な文化現象を
大枠で括って、見直してみると?

社会主義 → 民主主義 → 衆寡主義 → 社会主義(安定期)

っと言う、繰り返しなのかと想われます。

 それが、人生における世代的な現象に
なっている事から、それら歴史における
一部だけを、人の一生で経験することに
なるのかとも想われ、多くの人が忘れた
頃に、災いが・・・。

( -ノω-)こっそり♪<天才は、忘れた頃に・・・σ(^・ω・^) 私・・・w

(∇〃) .。o(天災か♪つーことは、私でわ無いな・・・(´・ω・‘) しょぼぉ~ん)

 人は、不安定だからこそ、安定を求め
過剰な安定期には、人間関係が過度にと
依存的に成り、後に個々の愚民によりて
能力の向上が図れる。

 海賊(Vikingを含む)のような野蛮人
でさえも、相応の文化を展開したのだ♪

 何が必要で、何が贅であるのか?

 税は、平等性と贅に対して課せられる
部分とが有るようです。

追伸>

 どうやって、『 Yahoo!Japan 』を
乗っ取ろうかを、検討中である♪

 Yahoo♪Yahoo♪俺は、よろちゃん♪
世間の荒波で生きて行く、Pirate♪