記事一覧

暴力団に人権が有るのか?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 

ファイル 4367-1.png

暴力団と人権

 近年における国政の事情では、過剰に暴力団の
人権を侵害していると感じられる部分がある。

 過去5年未満で、何ら犯罪活動に関与したとの
事実が無い者や、その組織に対して、『暴力団』
との『排他Labeling』などを過剰に行いつつも、
司法でも暴力団員による事件関与と、一般人での
事件関与では、刑罰裁量も異なっていることが、
解っている。

 それらの観点から、暴力団の根絶を考えるより、
暴力団などが、世の中を屈折的に見えてしまうと
言うような『焦点角度のずれ』を修正する方が、
優先されるのかと想われ、医学で言う所の視力に
ある近視、乱視の矯正手術のような、Ombudsman
活動を心がけていたのですが・・・。

結語

 つまりは、無犯罪都市計画の根源となる環境の
問題点から、国家、行政側の責任を追求しつつも、
暴力団に限らず、不当、不法行為を慾する心情を
解消するべく環境(裁判所の訟廷など認められた
紛争の場)の活性化を目論んでおり、それらでの
観点から相応の効果をもたらすReportを・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

( -ノω-)こっそり♪<音声Dataの編集が大変で・・・とほほ

(∇〃) .。o(別枠のReportとか、裁判所の書類作成とかも有るんだよなぁ~!)

 本当に、年末なのか! 本当に、年が明けるのか!!!

 つーか年明けよりも、『目覚めよ!日本国民♪』って
感じなのですが・・・w

捕捉:不当、不法行為に着手をした場合!

 逆に暴力団に限らず、平等的に責任を追求しつつ、
私の観点では、情状酌量無く最大限の刑罰を請求する
と言う感覚で居る(裁判官じゃないけど、心情として)。

 そもそも情状酌量権などは、裁判所側(裁判官)が
有してる特権であって、検事側で常に最大限の刑罰を
請求する事によって、基本的に被害者の心情を治める
と言う目的も達成されるのかと想われる。

 なお裁判官が責任逃れの為に、判例主義で責任等を
誤魔化した気で居る輩が多いのですが、それらの観点
なども微妙であり、各事件に下した判決の責任などは、
当然に裁判官への責任も生じるのですが、公務員でも
あるので、公務員の相対的な責任が国民に帰属をする
との観点で考えると、『国民も悪い事に成る』と言う
ことが解ってくる。

 どこの国でも「政治が悪い」と言う民が多いけども
それらの責任を追及すれば、結果的に「民が悪い」と
言う事が解るが、「政治に対する責任を民が自覚して
無い」ことから民が団体を形成して国と対決するにと
至ってしまったり、軍事Coup d'étatなどによって、
政治が転換期を迎えたりする現象」が生じてしまう。

( -ノω-)こっそり♪<私の理想は、『静かなる革命』である・・・w

(∇〃) .。o(その方法は・・・♪)

 それらは、国家の力に対して対等に戦おうとする、
観点で成り立ってしまうが、逆に『力学の要素を把握
する事によって、一人でも国家に対して不良部分等を
改善の請求が行える』ことが解っており、それらでの
体験から考えれば、「やはり民は、正当性のある方法
などによって、請願や苦情、業務改善の請求などを、
個人でも行え、相応となる窓口などが有るのであれば、
それを利用しない民に過失があるが、そうした窓口へ
有事に的確に誘導をできないと言う状態は、行政側も
責任が生じ、相応の窓口があっても民に知らせてない
などの場合には、『その窓口が無い』のと変わらない
ので、行政側の過失が追求をされる」と考えています。

 また集団を造り、それを指揮して暴徒など不経済な
活動を行う輩達は、単に『政師(まつりごとし)』で
あって、民を何だかの形で優越的に指揮したいだけの
性格者である事も解っている。

 ちなみに民主主義の場合には、民側の意見を聞くと
言う事が主体になるので、権威者が民に支配されると
言うことになり、更に「民の申し入れに対しての着手
権限がある」と言う状態にある。

 つまり、国会での代議依頼に対して、それを民が、
代議者に委託することが行えるのであって、それらを
受け付けるのが代議員の仕事となる。

 しかし代議者の一方的な観点で、支持者を支配する
と言う形式は、どの政党を名乗っても民主主義で無く
只単にPropagandaに過ぎない行為であり、微妙である。

 とある暴力団が『お年玉』を配ったことが話題にと
なったが、それもPropagandaであるとの見方がある。

 しかし、その件では、団体の長が刑務所に居るとの
ことであり、刑務所に居ると言うことは、相応の過失、
不当、不法行為が有った事によって生じていると言う
観点もあるので微妙である。

 よって暴力団とされる団体等が生活をする為には、
相応の費用が必要であり、それらを不当、不法行為に
よって賄うことは、日本国で認められて無いのだから、
それを許すに値をしておらず、正当性のある資本活動、
経済活動によって利益を得る追求をする必要がある。

 また、暴力団の暴力特権(国は、むしろ暴力団だと
Labelingを行ない、彼らから暴力を受けたとしても、
何ら変な事柄でわないと言うことを立証しているにも
値するのかと想われる)を国が認めている部分も有り、
それらの点で『法理のDilemma』が生じている。

 その『法理のDilemma』を事件後とに裁量を図ると
言うのが、裁判官の腕の見せ所に成るのかと想われ、
それらの観点から考えると、検事に何を求め、判事に
何を求め、弁護士に何を求めるのかも明らかに成る。

 ちなみに司法資格の三者(検事、弁護士、判事)は、
それに関連する機関も含めて、Service業であり司法の
特権を与えられているだけに過ぎず、弁護士、裁判所
などに付いては、利用をしなくても事件が解決をする
ことが多いが、刑事事件に関しては、その特質からも
裁判所でなければ解決をしないが、法的な規律の観点
などからでは、『公訴請求期限の時効消滅効果』等を
考えると、犯罪の有益性を立証しているのが国である。

 しかし、そうした状況(不当、不法行為の被害者に)
成らない為に、どうしたら良いのか?が問われ、その
観点から自衛の重要性が必然的にある事が解る
のですが、それらを万民に国が解りやすく伝えて無い
との部分(行政側は、愚かな民、または、無知な民で
あるのだから、当然に被害を受けると言う感覚がある。
しかし、現場の公務員に、そうした行政機関の仕掛け
などを把握できずに、生真面目に公務に尽くす若手が
多いのですが、途中で挫折をするのが殆どかとも想う)
では、国家機関の『ずる賢さ』が浮き彫りにされると
言う所でもある。

 逆に、現行の法規を正統的に利用をすれば、国家の
全体が文化向上をすることが見込まれており、それを
厳守すると言う観点がCompliance(こんぷらいあんす)
であると私は、考えています。

 がぁ~♪

 近年では、資格を含めて、過剰に神秘的、美化的に
Complianceと言う言葉が用いられているように想える。

 教えを説くものは、それが仕事であって師弟関係を
維持したり、『こばんざめ』などのように弟子入りを
求めたりする輩が居るとの人間の性格にも注意をする
必要が有り、それらの現象を踏まえて、いつの間にか
団体を形成したりしていることが有る。(その現象は、
何にでも言える事だけど)

 現状における日本国には、民の自立性が求められ、
『こばんざめ』的な思考などは、求められてないが、
それを強要、依存性を高くする事によって、恩恵等を
受けようとする社会主義思考が強いのも日本の特徴。

 民と国、暴力団と民、そして国・・・。

 日本国は、法の下に平等であると定めがあるが、
各種の宗教理念に基づいて平等であるとは、定めが
無いにも関わらず、法理を含めて宗教的な観点や、
その仕組みなどを悪用して学術を美化、愉悦化する
傾向は、国民や国家にとって不経済でもあり害でも
あるのだから、暴力団よりも『たちが悪い』と言う、
私の発想も理解されるのかと想われます。

 限られた条件で、目的を達成させる・・・。

 軍事における特殊工作員などは、その極限を極め
相応の訓練を元に、戦地で自己を守りつつ目的等を
達成する為の活動を行うが、それに殺人、物の破壊
などが含まれるのだから、『Terrorismである』と
言えるが、それに勝る方法が無いのだから、それを
利用する意外に手段が無く、その業務を慾する者は、
『そうした仕事が無ければ成り立たない』のであり、
そうした環境を密かに待ち望んだり助長したりする
輩も居るのが、人の性(さが)である。

 私的には、軍事の特殊工作員、または、斥候や、
Sniper、一般で言うSPYなどの観点や近年であれば、
Intelligence(いんてりじぇんす)活動等とも
言われている部門の戦略方法などから、Ombudsman
活動を行って居たりする・・・w

 結論としては、暴力が駄目であるなら、それらに
変わる『代替的な思考が必要』であり、「暴力と、
Sports」が区別されるように、思考からも区別や、
必要性からの除去が必要でもあり、相応の教育や、
訓練も必要である。

 また、現状の日本国で言う、営業行為、指揮命令、
それら多くの一般業における内容も、戦略論的にと
思考でき、そうした時代的な戦い方が必要とされる。