記事一覧

国家公務員による『 早期希望退職制度 』とは・・・

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/3/20(土) 午後 11:02

っと言うよりも、それが整ってなかったの?

 詳細を調べて無いので解らないのですが、早期の
退職制度を整えるそうです!

<参照 YahooNEWS>

自殺と職場

 従事する物が、職場の人間関係などの悩みにより
自殺をする事件が生じているが、私の知る限りでは、
「 何だかの理由で退職が行えず、人間関係なども
解消が行えない場合、当然に日々の生活が苦痛にと
成るのだから、生活への気力を失って当然である 」
と言う、然程に難しくない因果関係が有るのかとも
想われ、それに対して救済を行っ無い職場環境には、
「 労働者を自殺に追い込む、職場環境を提供して
居るとの結果 」も生じるのかと想われます。

 今の頃は、只単に弁護士の「 飯の種 」程度で
「 旦那(配偶者)が自殺してくれた方が何だかの
利益が有る 」と軽率に考える、輩も多いのかとも
想われます。

( -ノω-)こっそり♪<近年は、女性の浮気率が、かなり増えているようですからね!

(∇〃) .。o(歴代の彼女達には、「そんなこと無い!」っと言わせない♪)

男性にとっての就労

 特に男性の場合は、『 家庭 』と言う課題が
有るのかと想われ、女性の収入で家計を賄うと言う
男性の生活環境を、『 ひも 』等というような、
『 軽蔑的な文化 』によって、生じているのかと
想われ、そうした意識が強いと、自滅的な心境にと
自己を追い詰めてしまう事も生じるのかと考えられ、
それらを緩和するべく思想が必要ですが・・・。

 私の知る限りでは、仏教系、Christ教系などでも
日本人による、その個人特有となる考えや、思いを
宗教を建前に正当化する者が多く、憲法や法律との
観点を逸脱している状態にあり、他人の救済活動も
あまり期待されて無い・・・w

結語

 『 しがらみ 』と言う言葉が有るのですが、
よく二輪車や自動車などで、曲がり角を高速にて
通過する事を極めようとする時に、「 物理的な
自然現象との調和 」を感じると表現する人が、
多いのかと想われます。

 さて、物事の感覚なのですが、公務機関は、国家、
地方に限らず、「 自らの活動は、常に正しい 」
と過信している、また民にも、そう想わせていると
言う傾向が有る。

 裁判官や警察官だからと言って不当、不法行為に
着手をしないとは、限らない。

 挙句に果てに、そうした事情を生じさせた当事者の
典型的な言い訳として、「私(達)だって人間なので
当然に発しうる」と言い切る愚か者まで居る。

 しかし悪意有る者ほど、策略的で、攻撃と防御での
体制が整っている、抜けめの無い輩である事も解って
おり、「 不法行為者として利益を得るよりも、正義
と言う表見で、利益を得た方が徳である 」との違い
である事が多い。

 ちなみに俗に言う「天下り」だが、「 不公正的な
取引関係、人間関係による民官の資本利益関係 」を
表しているのであり、『 天下り 』と言えない。

 つまり、「 不公正な人事、取引関係である 」と
されるのが好ましく、現在では、NPOを隠れ蓑にと
悪用している場合が多く、特に司法系に目立つ。

( -ノω-)こっそり♪<公文書の代書関係などを含み、「協会」を形成していることが多い・・・。

(∇〃) .。o(独占的な利益を得つつ、役員に不明確な高額な報酬を支給している節が有る♪)

 しかも防衛体制が、司法観点での人脈などを使って
完全で有る場合も多い!

 「 悪法も法の一つである・・・ 」

 これは、法学を学び初期に教わる、通説でもあり、
痛切でもある・・・w

 本来なら、法学を学び、研究をしている者達は、
そうした矛盾を改善するべく努力を惜しまないと、
言う誠心が有るはずなのですが・・・。

 そうした期待は、日本に限らず先進国の『特病』
とされる分野に成っており、世界中で見られる現象
と成っている。

 これと同じく医療の分野があって、それらの人間
関係の構図は、「 祭り上げ、独裁的な環境 」に
よって生じ、民主主義の環境下では、「 帝国的な
環境 」等として指摘をされれる。

 ちなみに「 帝国的な企業が生じると、必然的に
革命的な民が登場をする 」っと言うのも面白く、
相対関係が生じる事も解る。

 逆に相対関係を十分に考慮する事により、両極端
となる、営として不利益を生じさせる原因などを、
事前に除外、防御する方法も必要である。

 また一見して不均等でありながらも均等性がある
状態では、「 不条理な力関係が生じている 」と
言うことが想像できるのである。

 そこで、「視点を変え、支点を見出して、新たな
始点を追求する」のである。

 例えばOlympicでの審査だと、最高、最低得点を
削除して、「 中間となる点の平均値 」によって
競っていたのかと想われます。

 それと同じく、利己の発生抑制と、公共的な損失
などを防御する体制を事前に整えた環境が必要で、
就職をするのが自由ならば、退職をするのも自由で
あって、その環境が整って無いと言うなら、それは、
違憲的または、不法的な環境であると言える。

 特に自衛隊などの特殊な職業において、退職等を
慾する者へのHarassmentは、異常で有るとも想われ、
「 職務終了後に、上官が夜通しに説教を行いつつ、
寝させずに翌朝に職務に付かせる行為を続けさせ、
強引に退職願を取り下げさせる 」などの行為が、
有ると言う事も知っていたりする・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 まぁ、近年でも、それが生じているのかは、不明
なのですが、そうした行為は、世間一般的にも不当、
不法行為団体が、Mindを破壊して奴隷化を強要する
との脅迫、強要手段としても用いられる行為である。

 更に、故意に神経衰弱を生じさせて特定の宗教や
団体などに、相談者として介入をさせる人間関係の
工作が行われているも言われ、相手方にするならば
「 能力の有る者が同胞の思想に、同調的で無いと
されるなら、敵と成ると厄介なので、自殺などにと
至っても、何ら不利益と成らない 」とまに至ると
言うような駆け引きに成るのが、一般的のようです。

正義の過信

 近年になって漸くに、刑事などの正義職とされる
立場での越権行為が指摘をされているが、犯罪者に
不当、不法にと接すれば、「 それは、不当、不法
となる行為であって許されない 」はずなのですが、
平然と許す傾向に有ったのが今までの状態。

 『 暴力の正当化 』と言うのも有り、「喧嘩は、
論争で有るが、殴り合いなどの暴力的な争いでは、
決闘と判断ができ、不当、不法な争いである」とも
想えるのですが、それを客観的に「 喧嘩両成敗だ 」
と片付ける、愚かな仲裁者も居る・・・w

 Terroristが敵対国に対して、「 相手国こそが、
Terrorismである! 」と言う事が有る。

 ・・・当然である。

 相手国には、武力以外の手段で交渉する環境等を
有しているが、Terrorismと評価された側には、武力
以外の方法を、与えられて無い。

 実例としては、中東だとMosaic的なので、もっと
解りやすい、海上の犬に付いて説明しよう・・・w

 日本国側は、捕鯨に付いて話し合いの場を相手に
提供をして無い。その理由は、相手から求められて
無いからと言うのが現状である。

 そこで私は、二面性のReportを提出している。
「 (1)相手に対して交渉の場を設定して欲しい。
 つまり相手方には、交渉の場となる、机や椅子が
 見えて無いのだから、それを明確にされたい。

 (2)但し、そうした『交渉の場』を明確にと、
 行った後にでも、不当、不法行為を継続するなら、
 『それらが、不適切な活動である』と判断をして、
 (A)相手方は、『海賊旗』を上げているのだから、
  その表記に伴い、自衛的な先制攻撃、または、
  それ以外での的確なる処置を必要としており、
 (B)関係諸国にも、その意思を伝えつつ不適切な
  活動と、国交関係の妨げに成る不適当な団体性と
  なる活動を抑制されたい。」との内容である。

 つまり、話し合いの場を設けているのに、それを
利用せず、客観的にも不当、不法な行為を行ってる
現状が有るのから、それを国際規模で取り締まれと
表現している・・・w

 これは、類似してあらゆるTerrorism等にも言える
ことであり、もっと明確に言うなら不当、不法行為
などを慾するに至ってしまうほどにと劣化をした、
生活環境から免れ、健全性を維持する為に訟廷などを
使い、自己の正当性を主張する行為は、合憲で合法で
あると想われます。

 しかし、そうした行為を行わずに、暴力的な行為、
不当、不法行為に着手をした場合には、相応に非難
されるのであるが、安易に訟廷が使えないと成れば、
それにおける裁判所の責任は、重い。

 そうそう、もう一つ特徴的なのが、「 暴力団 」
などと国がLabelingした団体に属する者は、後にて
非暴力的な善意活動を行っても、「 暴力団による
活動 」とみなされ、正当性に欠けると評価される。

 これは、軽蔑、差別を発生させる事に成り、その
責任が国に有るが、「 国家の責任は、国民に帰属
する 」との観点を考えると、日本人で有る限り、
その責任を負わされる事になる。

 刑事の事件も結果的には、そこに行き着き、犯罪
被害からの防御体制における有無が問われ、無差別
殺人であれ、何であれ、平穂な生活環境を維持する
と言う為に必要とされる自衛体制がを有ったのかを、
問われる。

 更に国(日本)を見れば、自衛隊がある程であり、
防御体制が無くして、平和を維持できると言う時代
とは、未だ成って無いのだから民の生活に付いても
その縮小として、相応なる健全性、健康などを維持
する為の自衛環境が必要となることも解る。

 さて、『早期希望退職者』ですが、それらの
制度(環境)が整ったからと言って、国民にと
利益が有ると言えず、その制度の内容が、どの
ような内容なのかを、把握しつつ、民の一人と
言う観点で、皆さん一人一人の評価と、心意と
なる立法の追及を国民総出にて行うとの必要も
有るのかと想われます。