記事一覧

熱中症の救急搬送者が4万人超、半数が65歳以上

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/8/26(木) 午前 0:29

ファイル 4384-1.gif

大変な事に!?

 熱中症の被害は、かなり拡大をしているらしい
のですが、それにおける政府の対策は?

実は・・・

 つい最近に、こんなReportを作成してたりする。

配信2010-08-18
=== 万(よろずがく)学 2 Internet Ombudsman ===
No.274
作成 2010-08-18
課題 熱中症を防止する為の対策
配布 2010-08-18

>本Reportに付きまして

 衆参議員(元議員を含む)、並びに各公共
機関宛てにと、Reportを作成しております。
 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として認識をされたく想っています。

>趣旨

 近年において、猛暑の関係から一般の民が
熱中症にと成ってしまう場合が多々にある。

 それらを防止する必要が有って、その為に
対策が必要と成るのでReportを作成しました。

>対策

1.市町村防災行政無線

 近年だと各市町村に『市町村防災行政無線』
などが設置をされているので、それを使って
警鐘を行う事が可能である。

 例えば、気温が35度を超えた場合には、
相応の注意が必要と成り、『市町村防災行政
無線』を使って、注意を促すことが可能かと
想われます。

2.散水

 以前に、散水車を使って路面を冷やす事を
提案していました。

 しかし八王子市では、「逆に蒸してしまう
のでは?」との返答も有りましたが、路面が
過剰に上昇するとAsphalt(あすふぁると)の
変形原因にも成り、その修復に水を撒くより
膨大な費用が生じます。

 また散水の方法には、幹線的な自動車道が
主でしたが、後に私が調べたところ、「日陰
と成っている部分へ散水する方が、効率よく
気温が下がる」ようです。

 つまり路面散水は、路面を冷やすのですが、
「日陰への散水は、日陰を通る空気の温度を
下げる効果がある」ので、水の揮発も遅く、
且つ効率よく、気温を下げることが可能にと
成るのかと想われます。(木陰の原理)

 但し、高層Building(びる)などの建設物
間に生じる日陰に散水すると過剰な気温差で
『Building風の突風』が生じる可能性もあり、
逆に危険かとも想われます。

>結語

 今回は、『市町村防災行政無線』を使って、
逸早く、市町村民に高気温に伴う警鐘を行い、
その被害を食い止めることが重要かと想われ、
それの為には、気象庁による気象予報の情報
なども重要に成るのかと想われます。

 ちなみに、『市町村防災行政無線』では、
警鐘を兼ねるので、被害が発生をする前での
段階で民に伝える必要があり、39度などの
極限の気温と成った時にて行っても、あまり
意味が無いのかと想われます。

 よって警鐘は、気象庁や厚生労働省などの
「人体上における平均的熱中症が生じやすい
気温となる、2、3度前に行う」のが良いと
想われます。

 なお、この内容は、八王子市、東京都、
国家機関、各(元も含む)国会議員宛にと
発送をしてるReportであり、全国市町村に
配布を行っておりませんので、本Reportを
受信された方から相応の担当機関にと打診
されたく想います。

 また国側の機関は、「A.気象観測の観点
などから高温に達する見込みのある地域を
予測して、予めに該当地域へ注意を促して、
B.厚生労働省へも事情を伝達して、該当の
地域となる全病院、消防(救急救命)にも
警戒態勢を促す」との体制を整えられたく
想います。

 以上、御検討の程を宜しくに願いします。

さて・・・

 これに反応したのは、気象庁だけだった
かと想われ、地元の八王子市と、東京都は、
無視されてしまったらしい・・・w

<参照 Yahoo!NEWS>

 ちなみに程度の良いReportだと、色々と
起用されることもある。

( -ノω-)こっそり♪<八王子市の広報課の課長と以前に揉めたので、Reportを破棄されたかも・・・w

(∇〃) .。o(そもそも、私がReportを作成する以前に、地方自治が自主的に行う必要のある内容だけども♪)

結語

 皆さんでも、色々な発案などがあれば、
とりあえず、提案してみるのも良いのかと
想われます。

 起用されるか、されないかで無く、提案
することが行えるかによって、国や行政が
進化するのかと想われ、起用されなくても、
その案を叩き台に、もっと良い案が発案を
される可能性も有ります!

 皆さんの起案が無ければ、行政なんって、
進化をしませんよ♪