記事一覧

派遣企業の過大表現 その2

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2007/3/2(金) 午後 4:12

ファイル 4456-1.gif

法テラスで相談してみました!

2007/03/01
 法テラスにて法律相談ができまして下記の時間は、
10:00~12:00、13:00~15:00(月曜日~金曜日)
5分間だけですが弁護士による相談も受けてくれる。

 さて、上記の事件に関する法的専門家の見解では、

 公文書偽造及び私文書偽造、偽証などの罪にわ
問われない。

 「全て公的機関の指導を受けた」と言う内容を、
乙に対して送っているが、偽造でわない。

 「偽証」とは、裁判上における内容でのことで
民間で交された内容を含まない。

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 弁護士さんの意見では、
 民事にて損害賠償などの対象とわなるが、法的にわ
刑法などの犯罪的な内容としては、取り扱われない。

『でわ私は、君が好きだ!と嘘を付いたら、それは、
 犯罪になるのかな? もし、そう言った嘘までもを、
 犯罪として取り締まれるなら、日本の殆どの人が、
 犯罪者となる・・・」

 との事でした・・・(。-`ω-) ん~♪微妙な納得!
新たなる結論
 民事的には、損害(心身上の問題を含む)が発生を
していれば、それに対し損害賠償請求を行えるますが、
それが裁判で認められるかについては、裁判にてでの
判決や調査などの結果にゆだねられるところ!

 つまり、民事的な権利が発生する可能性があるとの
観点でのみで、換算されることになります。

 民事は、基本的に「法的根拠での権利取得認定」が
主であって、その権利を取得する事により相手に対し、
色々な請求を行う事ができることになる。

 と言うのが民事裁判らしい・・・(。-`ω-) ん~♪

 しかし乙の立場に立てば被害者としての心情もあり、
そうした部分を治して欲しいとの思いもあるがぁ~、
法的根拠が無いので、更正での権利取得に関しては、
指導対象に留まり、処罰対象にわならないらしいのだ。

 恋愛においても罪作りな男女が沢山におりましてぇ~
そうした駆け引きを楽しむのが恋愛の楽しみ方でもある
と、思っている人も居るかもしれない。

 が、私は、ちゃうよ♪ Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 いや本当だって、本当! 私の目を見て(嘘ω嘘)キラ~ン♪