記事一覧

日本の労働形態を変ええた松下!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2007/3/28(水) 午前 9:53

在宅勤務
 既に西洋圏では、行われている
勤務形態であり、出勤する必要が
無く、自宅で仕事をすることにと
なり、子育てなども安易に行える
と言うだけでなく、通勤時間等や
通勤に必要な交通費までもを削減
できる画期的な業務形態得である。
Flexって何だった?
 Flex勤務形態は、予め勤務する
時間を6時間以上として8時から
15時迄に出勤する。一週間では、
40時間、一ヶ月での規定時間等を
下回らないように勤務する。

 出勤時間を自由にし勤務時間も
ある程度、自由にすることにより、
通勤時での混雑、体調や社員達に
都合の好い時間帯で着務する事に
よって、仕事効率も図れると言う
形式です。

 Flex自体は、外資系や新しくに
設立された会社等では、積極的に
取り入れられていますが、公務員
などを初めとして、Flex体系等を
本来であれば、必要とされている
分野へは、あまり浸透していない。
で、在宅勤務だと、どんな得が?
 実は、在宅勤務によって企業が
負担すべき経費を大規模で削減が
できる。

・交通費
・空調費
・建物維持費
・電気代
・その他、社員が会社内に居ると
 言う場合に必要な、多くの経費。

 近年では、会議などでもPCでの
FreeSoftを用いて、WebCamera等と
共に、通信会議が安易に行える。

 むしろ、Flexや在宅勤務などを
取り入れられないような形式での
企業は、特定の理由が無い限り、
安易に利益を確保できなくなる。

 松下は、商品の品質を向上させ
更に社員の品質を上げつつ経費を
削減して、企業、社員、消費者の
三者が喜ぶ企業体制造りに、取り
組んだことになります。

 こう言う企業の適材適所にて、
着無をしてみたい♪

 私の予測では、SONY、HONDAも、
早期に、この体制を取入れるかと
予測しています。いやいや期待を
しています・・・w

(-ω☆)キラ~ン♪