記事一覧

Neetの存在と違憲問題

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2007/6/1(金) 午後 5:58

ファイル 4462-1.gif

 今の自分にできることを、探し行うと言うことが、
人にとっての仕事であるが、日本国の憲法によって、
『就労の義務』が課せられている。

 Not in Education, Employment or Training(以下、Neetと略す)の
存在は、違憲的になるのですが、彼らも好きこのんで
この世に生まれて来たわけでもない。それは、Neetに
限ったことでもない。
「勤労」と言う言葉の意味
 憲法上での勤労とは、どう言う意味になるのだろう?

Yahoo辞書だと「賃金をもらっい一定の仕事に従事する
こと」と記載されている・・・(。-`ω-) ん~♪

 問題の焦点となるのは、「働く事によって賃金等の
所得を得るのが勤労」なのか、「無償の仕事などでも、
勤労に値する」のかが問われてきます。
仕事
 「仕事」と「遊び」の違いについて、親子で喧嘩を
した事があると言う人は、少なくないと想われます。

 仕事は、どうやら行動を意味しているようです。
では、遊びは、どうでしょうか?

 意味合いとしては、「楽しむ」と言うことなどにも、
遣われそうですが、意味合い的に考えると、どうやら、
人生の余白と言う表現が、合うようです。

 日本語の表現としては、「子供は、遊びが仕事」と
考える人も多いのですが、正確な表現を辿ってゆくと、
『子供は、生きることを楽しむ事が仕事である』等と
言う方が、大人達が表現をする意味合い、一番近いの
でわないでしょうか?
「仕事」と「勤労」
 さて、本題の「仕事」と「勤労」と言う意味合だと、
どうでしょうか?

 仕事は、『物事に対して働きかける行為』などを、
意味する事が主体となりますが、勤労と比較をすると、
『賃金を貰っていない行為も仕事と言う意味合には、
含まれる』のであるから仕事と言う言葉の枠の中でも
『賃金を貰って仕事をすることが、就労である』との
観点が”勤労”の意味合いにありそうです。
っと言う事は?
 勤労をしていない=無償の仕事だけでは、認めてわ
貰えないのが、日本国憲法第二十七条の序文となって
更に、Neetの存在は、違憲的である。

 Volunteer精神が強いわけでもないのに、不思議と、
過剰にて世の中に無償的に働きかけるような行為は、
好ましくない・・・(。-`ω-) ん~♪
そうなると?
 神様、仏様を祭る分野とかは、どうなのかと言った
疑問もでて来るし、どうなんだろうか?
っと言う事よりも・・・
 Neetな生活よりも、勤労する方が楽しい事であると
言う環境を作れば言い訳なんですよね?

 じゃぁ~、その様な作ってみようじゃありませんか!

(-ω☆)キラ~ン♪