記事一覧

労働時間の立証

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2007/11/15(木) 午前 9:10

問題の焦点

 時間外労働における賃金の未払い。

裁判所における判断の基準

 原告が、規定外時間の労働休日出勤等を含め)を
立証できるのかできまる。

理由>

 原告となる労働者が、被告となる雇用者に対して、
時間外労働における賃金を請求した場合、それらを
立証する必要がある。

 逆に悪意ある訴訟の場合、原告の言い分だけにて
それを裁判所が過信し、被告に対して支払の命令を
請求することが可能であれば、法的倫理に反する。

 よって、事実の立証が重要点となると私は、思う。

立証の方法

1.タイムカード
 タイムカードが日々に記録されているかと思われ、
それにおける立証。但し悪質な企業だと改ざんする。

2.証人
 自らが勤務していた時間を、第三者が立証する。
勤務先の、お掃除の「おばさん」などが定期時間に
来て、言葉を交わしていたなど。

 又、商いなどでわ、定期的に来る人員との対面の
事実や、企業内での入退出通行記録を残す箇所での
記録などが上げあれる。

 企業に勤めると、提示時間外の退社の場合には、
Security(せきゅりてぃ~)の関係上で、警備室に
記録をする必要がある企業もある。

3.入室退出の記録
 出勤簿(たいむかーど)に限らず、入退出などを
記録している企業がある。

 但し、その記録は、入退出の記録であり別枠で、
労働をしていたと言う立証が必要になる。

私も一件だけ、残業請求の訴訟がある

 やはり立証要件で、問題になっている。しかも
派遣での事なので、TimeSheetにての記載などが、
不十分であると、残業における立証が、それだけ
でわ難しくなる。

 そこで、一緒に働いていた人等に、立証等して
もらう方法もある。

 証人尋問は、証人尋問の請求が予めに必要!