記事一覧

失業給付金が60日を加算?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2008/12/6(土) 午後 8:33

ファイル 4484-1.gif

就職困難者を対象に!

 一見して、救済案なのかと思うのですが、
微妙な感じもします。

<参考 YahooNEWS>

何が微妙なのか?

 もともと厚生省は、民の健康を司る国家の
機関として設立されています。

( -ノω-)こっそり♪<結核や、その他の病気から民を守り、健全な軍人を作る為の機関でしたが・・・。

 後に労働分野と結合をして、労働における
健全性も、司られる機関となったけど・・・。

 労働分野における健全性は、脆弱な部分が
多く、それらを取り締まる権限を持ち合せて
いる機関でありながら、その警察効力などを
基本的に発揮しない。

( -ノω-)こっそり♪<労働犯罪における温床の原因です!

(∇〃) .。o(だから、私に訴えられるんです♪)

不景気の原因は、不健全な労働環境に有る?

 近年の労働環境は、かなり悪い状況にあり、
そうした業務に携わった若者達が将来に対して
失望するのも、解ります。

 しかし、そうした被害を受けながら、それに
対抗できる手段を知らない人員は、世間的なる
意味合いで孤立してしまう傾向にあるようです。

 それらの原因は、問題を安易に解決させない
環境を国家が作っている傾向にあり、企業側も
政治政党への献金を行い、細菌の触手の如くに
根回しを行っている。

 こうした現象は、民が労働法に疎いと言った
欠点と、更に警察公務と言う観点での取締りを
Compliance的に考えれば、かなり不十分とされ、
相応にして労働事件は、発生をする。

もっと国民が労働法を把握する必要が有る

 一般労働者の概念だと、収入を重視する事が
先立ってしまい、少々の不法性なら知らないと
言う振りをして、従事するのが一般的である。

 しかし・・・

宇宙開拓時代を迎えるに当たって・・・

 人員における作業能力は、日々にて高度にと
なっており、相応の能力が求められるが、その
ための訓練なども必要とされている。

 ところが、労働分野において若手人員意外を
排他する傾向にある。

 それにおける問題点が、疑問視をされている。