記事一覧

労働者派遣に纏わる雇用問題

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/1/10(土) 午後 10:20

ファイル 4488-1.gif

規制の緩和

 問題は、違反行為に対する規制力であって、
それを取り締まれない状況により、蔓延しつつ
政治献金などで利益を得ていたとされる政党は、
どこなのかと言えば、主力全政党なのかと・・・w

 挙句の果てには、国家などの機関までもが、
その影響を受けたのかとされる。

自営業の促進こそが、独立なのかと?

 私が想うに、もっと自営業が栄えても好いと
考えています。

 大型の産業(工場)などは、結果的に海外に
移転する傾向になり、利己的な展開にて拘りも
無く、日本に本社が有る企業と言うだけの状態。

 挙句の果てには、家電製品など他企業の物を
使用をしているが実際においては、内職業等で
安価で且つ苦労をするような家庭の主婦などに
よって支えられているのが現実である。

 皆さんは、そうした現実を知らずに日々にて
生活用品を使用している状態に有るのかと想う。

 そうした現象は、物ができるまでの過程を、
追求すると言う観点に欠けて、義務教育などで
養われるべく部分であるが、それが欠如してる。

 また倫理性においても等しく、健康学でも、
同じで有るのかと想われます。

結論

 仕事をしていると言う人員が、別に関係等の
無い、職に付いて似ない人や、Homelessなどを
軽蔑したりする傾向に有るようですが、逆に、
そう言う人を軽蔑する人ほど、職場などでも、
嫌われている(または、軽蔑されている)との
人が多く、PowerHarassment(権威的嫌がらせ)
などを行っていたりする。

 ちなみに派遣労働者に付いても、やはり管理を
する企業側における奇妙な目論見などによって、
生じる、色々な事件などを『揉み消す』と言った
行為の方が優先をされており、私が察する所では、
問題が比較的に多く発生する企業と、公的な労働
関係の機関との内密性は、かなり高いと想われ、
警察でも、同じ事が言える。

( -ノω-)こっそり♪<つまり、少額の金券や、接待などが有るのかと想われる!

(∇〃) .。o(警察に付いては、それに関係した人員から聴取してますからのぉ♪)

 八王子市における警察でも色々とあり一時期に
厳重注意を促したことが、遠い過去にある・・・w

 当日は、『覚せい剤』における問題も取上げて、
色々と、通常の仕事の傍らで、活動をしていた。

 私の経験だと、公的機関における効力の発揮は、
それがが開始されて1年、2年後までは、有益に
なるが、それ以降で、一気に下がって行く傾向に
あるようで、6年後には、効力が無くなっている。

 これは、人事異動などから生じる現象でもあり、
比較的に悪意的に口説きやすいのは、新任幹部を、
接待することで、安易に成り立ってしまうと言う
事情である。

 「まぁ~男どうしだから・・・」と風俗店にと
同伴接待すれば、それで・・・。

Ω\ζ゜) ぽく、ぽく、ぽく、ちぃ~ん♪

 しかも悪いことに、男性として接待をされると
言う現象から、『男らしさ』と『心持の良さ』で
誤解してしまい抜け出せ無くなり、更に人間関係
などでも、切り離すのが心情的に難しくなるとの
状態が、多いようである。

 公務員で、外部との取引がある幹部人員などが
民間から接待を受けてないと言う、公務員を未だ
聞いた事が無いと言うほど、一般化をされている
現象であって、まるで『万引き』等の犯罪原理と
似たような心境に陥るようである。

 また「一般の民には、解りえない人間関係」と
言う状況もあり、公務員であっても、職場を離れ
普段着で町を歩けば、その人が公務員であるとは、
気が付かない。

 私の場合には、風俗店側、公民側などの両方で
事情を独自に調査した事が有り、それらの関係で
相応の人間関係などが、どのように成立するかを
色々と調べていた時期もあった。

( -ノω-)こっそり♪<過去には、探偵になろうとした時期も有りましたからね♪

(∇〃) .。o(でも、他人のPrivacy(ぷらいばしー)を侵害しないと言う意思にて断念した♪)

 色々な事情があっても、結果的に、どのような
学歴があろうと、やっている事が不当、不法だと
されるなら、不当、不法行為者であって、学歴が
高い分で、むしろ確信犯的であり、罪も重いかと
想われるのですが、司法系での判断となぜか軽減
する傾向にある。

( -ノω-)こっそり♪<そいつが、不祥事の全てを『げろ(吐露:とろ)』した場合を考慮して・・・w

(∇〃) .。o(一つの事件だけでなく、大騒動に至るなどの場合が多いかと♪)

 ちなみに諸外国、海外支援など、過剰支援金を
やめることで、国内の経済が、好くなることが、
既に解っている。

 しかも、その支援活動によって、Terroristが
育っていたり、軍事拡張の支援に繋がっていたり
する事情を考えれば、それに関与した宗教信仰の
ある人員に付いて、罪の重さは、計り知れない。

 よくぞ、神の名の下に結果的に、悪意となった
活動を支援してきたと思う心境である。

 これと似た現象に、親子間の人間関係などでも
同じ事が言え、結果的に犯罪行為を行う者を産み、
育てたと言う事に至る部分に付いては、親として
どのように責任を負うのかが問われる。

 そうした責任から免れる状況によって、景気の
不経済が蔓延しているのかと私は、判断している。

 『登頂よろ間』の「日本国・選択理論」より・・・w

 日本の国民は、もっと『泥遊び』や『農業』に
関心を抱く必要がある!

 それが、日本人としての選択論である・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪