記事一覧

派遣村における解決率が、かなりの好成績!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/1/12(月) 午後 11:54

ファイル 4490-1.gif

問題は、有れども・・・

 派遣村に集まった失業者ら195人を対象に
行われた調査が行われた。

1.生活保護受給が決定した人は173人

2.申請予定者は11人

3.住居が決まった人は85人

 私的には、凄い好成績なのかと想われる!

・・・。゜+.(o´・ω・`o)+.゜。感動したぁ~♪

<参考 YahooNEWS>

国や公共がやらずして、誰がやる!

 こうした活動の限界も有るのかと想われ、
余白のある内に、次の段階を整備する必要が
あるのかと想われる。

次の段階とは?

 雇用の確保である!

 私が想定しているのは、以下の通り。

(1)公的機関の提供における農業

 公的機関にて、貸し出された、居住地と農地を
基に活動を行なう。

(2)公共Serviceへの参加

 公園の整備や、時期相応の雑務などを任せる。

(3)自営業の促進

 日本人は、当人が想っている以上に優秀であり、
その気なれば、自営業を行うことも可能だけども、
それを行おうと想う人が少ない。

 その支援を公共側で行う。

 また個人事業には、資金が必要だとの偏見も、
あるが、資金0円でも始められる仕事の可能性は、
自由にあるのかと想われ、それを見出すが個人の
努力に値するのかと想われる。

 この(1)、(2)は、古代Egypt文明における
「Pyramid(ぴらみっど)の製作が奴隷制度でなく、
公務であった」と言う観点での学説を引用して、
考えた物である。

 つまりは、『公共事業説』を引用したのである。

結論

 国は、民を愛し、民は、国を好きになる・・・。

 愛は、約束された未来を意味している。

 国が、民を愛さずして、民の未来は、無いのかと
想われる。

 日本国でも優秀な人員などが、若気の至りで、
海外に移住する事などを考えるが・・・。

 後にて、日本の良さに気が付くようである。

 また、日本の激戦的な競争的環境で、職務を
維持してきた人達は、『癒しの南国』などにと
拠点を移して生活をしている人も居るらしい。

 Prologue(ぷろろーぐ)から始まり、Prelude
(ぷれりゅーど)、そして協奏曲が造らた後に、
Orchestraが編成される。

 Classic(くらしっく)を練習したのちにて、
Original(おりじなる)の曲が演奏をされる。

 日本・Pianoどなた?・・・あ!失礼・・・w

 日本・構想組曲・大工・・・w

 なお、日本国・暴力団による抗争曲は、禁止を
されておりますので、予めに御了承を下さい。

 全国民にて演奏される、『日本国』とは・・・?

 皇太子御夫妻は、覚えているだろうか?

 あの時の言葉を・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 あ、よろちゃん!、その楽器を[ 笑っといて!]

・・・え~ (-ωー;) ぶつぶつ、、、

☐・・・(T▽T)あはは!

 ちっげーよ!

・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

 舞台用語になれていない、よろちゃんであった・・・w

参考 Theater League

舞台用語:わらう

( -ノω-)こっそり♪<労働局を含めて、以下を地方公務員にすると言うReportが聞いていますかね・・・w

(∇〃) .。o(まぁ~、どっちに転んでも民には、損が無いんですけどね♪)