記事一覧

研究者のU-Turn(たーん)転職に公的機関の梃入(てこ)れ!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/2/21(土) 午後 8:00

ファイル 4496-1.gif

研究者のU-Turn

 色々な所で活躍をしていた研究者が、
実の所で海外に流出していると言われ、
深刻な問題になっている。

 そうした状況と、地方での産業等に
纏わる活性化を目論み、経済産業省が
本格的に支援活動を指揮するらしい。

<参考 YahooNEWS>

でも、研究をしてみたいと言う人達は?

 皆さんは、研究職の人だからこそ、
研究が行えると想っているかと思うが、
実際には、Amateur(あまちゅあ)での
分野を含めて、個人のい趣味的に研究を
行っている人達が、かなり多く居る。

 例えば、FreeSoftの分野でもProgram
などの研究を行って完成した物であり、
作曲などを含めて、Personal Computer
などの進化によって、個人が行えると
される範囲が一気に増えている。

 しかも、情報の交換と言うだけでも、
Internetを通して行える状況である。

 よって、個人であっても研究的なる
資格がなくても、色々と実験、研究が
行えるのである。

 意外かも知れませんが、料理分野等
研究によって開拓されている部分が、
多くあります・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

結論

 これまた意外かも知れませんが人は、
何かと研究をするのが好きであって、
それが『競馬、ぱちんこ』であっても、
研究をしたがります・・・w

 こうした興味を抱く分野に対しての
研究意思は、とても重要なことですが、
逆に、そうした意欲が他の分野にも、
注がれると言う『転用の能力』なども
必要とされて居るのかと想われます。

 人は、誰でもが、何かしらの研究や
試行錯誤を試みようとする欲求が有る
生き物かと想われます。

 そうした欲求を満たせつつ、転用も
自由に行えるようになれば、文化も、
一機の向上するのかとも想われます!

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪