記事一覧

生鮮魚介類で始めて、女性の競り人が誕生♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/4(土) 午前 8:47

ファイル 4500-1.gif

生鮮魚介類の競り

 皆さんは、市場に言った事があるでしょうか?
私は、之までに野菜、生花の『競り』と、錦鯉の
『競り』を見た事が有ります。

 特殊な手による合図方法などや、電子的な入札
方法などを間近にしました。

 比較的に『男性の特有となる声』を中心にして
競りが始まるとの印象が強い。

 しかし今回は、『女性の競り人』が生鮮魚介の
分類で誕生をしたとのこと!

<参考 YahooNEWS>

実は・・・

 私の職歴中に、生鮮食品業界において魚河岸と、
仲卸、販売店を、独自の資産で負債も無く運用を
するとされる二部上場の企業が、販売System等を
導入すると言うことで、とあるIT系企業を通して、
その鮮魚企業で、社内HelpDeskの初期要員として
業務に加わった事が有る。

 ところが相手は、魚屋さんで、PCによって、
展開をされる『受発注System』に対して、PCの
存在や、扱いすらもままなら無い状態である事を
察知して、急遽に販売店による受発注Systemの、
取り扱いを、販売店にて実践的に講義をするとの
起案を行い、『販売SystemのPC取り扱い講師』
などを構成した経験がある。

 しかも、その講師達は、後にHelpDesk要員との
形式で残る事になる。

( -ノω-)こっそり♪<この時に、時給1500円を2000円まで引き上げる交渉もした・・・w

(∇〃) .。o(短い期間だったけども、面白い業務駆引きが色々有った♪)

 更に打ち明ければ、私が初めてArbeitをしたと
する職種は、大手Supermarketの『鮮魚』であって、
魚屋さんの気質は、十分に解っていた・・・w

( -ノω-)こっそり♪<年末年始の『新巻鮭』を外で売ったり・・・w

(∇〃) .。o(夕方の時間は、主婦との値引きの駆引きなど♪)

 その当時は、Arbeitの課せられた責任は、かなり
重要であって、職場の最終管理を任されることにと
なっていた。

 つまり未成年者である高校生の1年生~3年生が、
社員から責任を預かり、業務を一任され、先輩から
交配に引き継ぐ形で、業務が行われていたのである。

 しかし16~18歳の少年少女達により展開する
業務は、何処と無く無責任な所もあり、大人達との
駆引き的な展開で、色々と・・・w

( -ノω-)こっそり♪<盗み食いをしたりとかね・・・w

(∇〃) .。o(売り残りを廃棄するのだけど、食べたり、隣の惣菜屋、肉屋と廃棄商品を交換したり♪)

 また当時には、喫煙場所に、平然と未成年達が、
そこで喫煙をしていたが、新たに課長が赴任して、
風紀が改正をされてた・・・爆

 その時には、『頑固な親爺(おやじ)』と、少年
少女達の感情的な争いも、多くあったが、意外なる
一面も・・・w

( -ノω-)こっそり♪<その課長が鮮魚に来て、「試食をしよう!」と商品を・・・w

(∇〃) .。o(「これは、試食だからな!まぁ~要領よく♪」っと言い張って・・・爆♪)

 比較的に魚屋さんは、生鮮の中でも匂いや、その
『あら(魚をさばいた後に出てくる、内臓等のごみ)』
などの処理をすることも含まれる事から、好まれた
業務とは、言えなかった。

 でも、面白かった・・・Σ(〃▽〃) あはぁ♪

 そこで働きつつ私は、自動二輪の免許を・・・爆

結論

 そんな生鮮事情を古くから、何となく現代までを
知っている状況に有る私からすると、ITの次にて
女性の業務参加かぁ~っと想うに至っている。

 しかし、市場の仲買人としては、早い時期から、
女性が居たかと想われ、その売買をされた魚介類を
運ぶ、『Track(とらっく)の運転手』にも稀に、
女性が居たのである!

 魚介類など、水物を運ぶTrackは、特徴があって
後の貨物を載せる箱の四隅に、黒い色などの排水用
Horse(ほーす)が付いている。

 また、賃金も当時では、良かったらしくてTrackの
Decoration(でこれーしょん:電装の装飾)も派手♪

 それこそ「おう♪おう♪おう♪」っと言う感じの
人達ばかりで形成されている・・・w

 そうした男性が異常に多く、気が短いのも相応の
理由が生じる『生鮮品』を取り扱う仕事との部分で、
『女性による敏速な行動を期待されず、むしろ無理
と判断された職場』に、女性が・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

 一般的に、そう言う女性は、『男勝りな女性』が
多いとされるが、相応の能力が認められ無い限りは、
採用をされない分野かと・・・。

 現状では、試験制度が広く用いられているけども、
その資格が有っても現場の人員に、認めてもらうと
言う事が無ければ、職場での人間関係が成立せずに、
業務が成り立たないのである。

 私の知る限り、商品よりも、それを扱う人員達の
粋が良くなければ、物が売れないのが、市場である。

 IT化が進んでいるが、株式でも同じで、それらに
参加をする人の『粋の良さ』が市場を活性化する。

 しかし時に賭博のように、(´・ω・`)しょぼぉ~ん
っと成ってしまうことも・・・爆

 賭博に負けた人達も、飲み屋で一杯を飲む程度、
残すと言われ、買った人が行く御店、負けた人が
集まる御店は、ある程度で決まって居るらしい・・・。

 飲み屋で、悔しさを紛らわす行動や、それらの
心情を宥めあう人の集う場所があって、人々は、
支え合っていたのも、文化風習の一つである。

 過剰な自立心により、個人に課せられた責任を
背負いきれなくなり、人生を・・・。

 人の精神は、精神医学によって、Counselorや、
医薬品の投与によって、現代だと治療的に治す
と言う事ができる。

 でも、人が求め、自然と温かみを感じてしまう、
居酒屋など、人が集まる所と言うのは、自然と、
人が形成をした、心を癒す場所であったのかと、
想われるのである。

 大衆食堂などで人が、温かみを感じてしまうと
言う現象は、そうした人と人とで感じえられる、
提供をする商品と別に、店主や店員の真心が、
こもっているのである。

 仕事は、技能や知識も重要ですが、やはり、
人に伝わる、『仕事への想い』も、加わって、
成り立つのかと想われます。

 つまり日本国の市場、世界の市場を活性する
と言うならば、まず、それに関連をする人々が、
活性化する必要が有り、その為には、まず・・・。

 あなた自信が、活性化する必要が・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

・・・σ(^・ω・^) わたし?