記事一覧

個人事業主も、退職金共済?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/4/7(火) 午後 10:11

ファイル 4502-1.gif

個人事業主の不利な点

 規模が小さいだけに、退職金などと言う概念が
無いが殆どで有るとされています。

 その点を厚生労働省が見直す考えを示している。

<参考 YahooNEWS>

もともと・・・

 日本国の文化的な歴史を遡れば、基本的に個人の
商業と、農業を集団で行うと言う部分の二種にと、
大枠で分けられ、その他に各種の職人が居たのかと
想われます。

 人を多く雇い入れられたり、農地を他人に貸して
農業をさせたりする場合も有るが、元々の貴台は、
個人の事業、開墾からである。

 

 その状況が変ったのは、繊維工場などにて女子の
起用から、終戦後にて、色々な産物に対して男性も
積極的に起用をされるようになった。

 そして現在でも、比較的に産業分野での強化を、
主点とした、集団活動を重視をされた教育などが
行われている。

日本国民の経済的観点の弱さ

 集団活動には、どうしても『指揮命令者』と言う
存在に頼る傾向が有って、それにおける観点からも、
役割分担的な意識が、過剰な人間性となってしまう。

 極端な悪い例としては、「政治の事は、政治家に
任せる!」等と言う、奇妙な意識を正当化するなど、
微妙に憲法や、法的な観点からずれている発送を、
正論として、威厳までもを抱くのである。

 それを私は、「中高年の非常識な、常識論」と、
仮定している。

 その現象は、意外にも深刻であり、戦前からの
風習から、上官の命令に対して絶対服従の形式を
維持してきた傾向に有る公務員に、多く観られる
現象で、「不当、不法行為的な命令でも、それに
背かない」と言う、奇妙な人間関係が成り立って
いる状況に有る。

( -ノω-)こっそり♪<公務員が罷免され難い理由に、内部事情(悪行)を暴露される可能性がある!

(∇〃) .。o(なので、公務員の不祥事が摘発されても、穏便に済まそうとする♪)

 そうしないと、担当部署の上司だけでなくて、
その公共機関全体の悪事が、暴露される可能性が
あるのだ・・・え~ (-ωー;) ぶつぶつ、、、

結論

 しかし時代の進化により、不出来な団塊世代も
世間の第一線から消えつつある事により、一気に
公務員の職場も変って来ていることが解っている。

 ここ数年で、だいぶ全国的に公共機関における
対応が変ってきたと、皆さんも実感している人が
多いのかと想われます。

 さて、そうした公共機関における人事的変革の
状態から、やはり徐々にと民に対する視点なども
変化しているらしい。

 集団の強さも必要ですが、個々の強さがあって、
それが集団になると言う状況ほど、強い状態は、
ないのかと想われます。

 逆に、弱い人員によって形成された集団達は、
結果的に、世間に対しても悲観的であることが
多くて、力を得ても反世間的にをする等との、
日本人として不出来な集団と成る場合が多い。

 その状況は、どのような集団でも当てはまり、
公務員や暴力団でさえも、例外とならない。

 さて、あなたは、個人で何処まで生活維持を
行えますか?

( -ノω-)こっそり♪<よろちゃん、まるでだめっすよ・・・w

(∇〃) .。o(・・・だめっぽ  ○| ̄|_ ♪)