記事一覧

失業率が上昇をしている!?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/7/31(金) 午後 8:54

$FILE1_c

その原因は?

 実質的な事情を知らない世間の人だと、
不景気が原因が原因であると、過信して
いるのかと想われますが、実質的には、
それだけが原因だと言えません。

原因

 日本人は、職業選択の自由が有るが、
別枠で「 不当、不法行為に関与すると
言うような労働を拒否できる 」と言う
権利も有る。

 近年で言う、『 偽装食品 』等でも
一人で行えるような犯罪行為で無くて、
企業が組織的に行って生産した物であり、
個人的に展開して行われたのでわ無い 』
っと言う実質的な『 実態 』が有ります。

 つまりは、それ相応に組織的に多くの
人員が関与をしていた事が解かります。

 また、そうした行為を拒否できない理由
としては、「 (1)現職を失うことは、
家計に資本的な観点から危機に値をする、
(2)職場の仲間と離れたくない 」との
理由から、その職場を離れたがらない事が
多いようです。

 そうした実態があって、不当、不法行為
などにも、やもえず従い作業をしていると
言うのが実態らしい。

 しかし、そうした不当、不法行為指示は、
上司などが行っており、労働者が指示にと
従ったに過ぎないとの部分も問題視される。

 組織的な活動には、犯罪に限らず指示を
行うものと、それに従うものが居る。

 ちなみに、そう言う企業は、発展しない。

 業務課題を与えて、それを合法的にと、
展開して作業を自立的に行う人員こそが、
有能で有るのかと想われ、俗に言う『わん
まん経営』の場合には、やたらと指導等を
行いたがる傾向にある。

対策

 現在では、失業に纏わる分野で国家側が
保護体制を強化している状態にある。

 その傾向もあって、不当、不法行為等に
『 生活の維持 』との理由で、関与する
必要も薄れている。

 更に埠頭、不法企業に関与をする人員も
減少傾向に有り、健全な企業が増えるとの
状態にありつつ、顧客なども健全性のある
企業を選択する傾向にある。

 特に『 主婦 』などでも、株式などに
関心を抱いている主婦が多く、それらにて
企業の情報などに、敏感であると言う民が
増えている傾向にある。

 ある意味では、『 株主 』との立場は、
『 持ち株の監視役 』でもあり、相応の
責任を負うことになる。

 しかし、司法での労働裁判、厚生労働省
などでの労働警察公務に、不全性が高いと
言う現象が続いており、それらを改めると
言う意識も、極端に低い。

 之における問題は、『(1)司法の超越
となる過剰権限と、その越権、(2)労働
警察における取り締まり、検挙実績が無い
との状態を国家が、補償している』だとの
ことが課題になっている。

( -ノω-)こっそり♪<既に私のOmbudsman活動における課題にもなっていますが・・・w

(∇〃) .。o(司法の分割、厚生労働省の分割と、双方の地方分権にてReportを♪)

結論

 皆さんが『 自治 』言う言葉を十分に
理解していないのかと想われます。

 本来であれば、その自治地域にて生活を
する者達は、積極的に地方自治などに参加
するなどによって、共同生活の向上などを
図ります(つまり地方行政への参加)が、
地方議会での議員を選出するとの段階から、
消極的なのが現状の日本国民事情である。

 当然に、犯罪や災害と言う部分にては、
集団的な共存活動意識に欠けてるのだから、
有事において救命、救済を求めるばかりに
なってしまう。

 そこで必要となるのが、防犯、防災等の
集団での訓練であったりする。

 そうした分野だけに限らず、労働分野も
同じ事が言えており、近年だと、地方での
自治体が積極的に、労働分野での相談窓口
などを設置している状態にある。

 がぁ~!!!

 そう言う窓口が有ることを知っていると
言う人が、あまりにも少な過ぎるとの状況
などにて、『 自殺者 』や『 犯罪行為
などへの着手 』にと心理的な意向にと、
社会的な観点で誘導をされてしまう。

 つまりは、その『 社会的な観点により
誘導をされてしまう=一般的に、誰しもが
陥り安い心境 』であり、錯覚的に世間的
誘導であると、当人が想ってしまうと言う
傾向にも特徴がある!

( -ノω-)こっそり♪<上記は、『 よろFiling 』より・・・w

 また普通では、理性により、不当、不法
などの行為が抑制をされますが、犯罪的な
活動をする者には、「 不当、不法行為を
抑制する利益と、不当、不法行為を行った
場合での利益を比較すると、不当、不法な
行為を行った方が利益が高く、刑事などで
代償的な刑罰があっても、それの判決を、
受けない限り、また検挙をされない限りは、
有益であり、検挙すらもされる率が低いと
言うのだから、行わない方が不経済である 」
っと言うのが、人の心理である。

 結果的には、不当、不法行為の有益性は、
社会的に認められており、それを司法等が
立証している限りでは、根絶ができない。

 まるで、医学で言う Herpes Virusの
如くである・・・(。-`ω-) ん~♪

 家計の為に、不当、不法行為に関与する
との理由は、日本国でわ成り立たない!

 はずなのですが、それの妥協をしている
司法が有る限りでは、不当、不法行為での
有益性を立証しているのが司法なのだから、
当然に、改善をされる必要も無いと言った
社会形成によって、国民による生活などは、
向上をする理由も無い事になる。

 つまり皆さんの健全性の追及と、それを
維持する為の生活保障を確保すると言った
認識が必要になります!

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪