記事一覧

日本:農業分野での高齢化に対する雇用対策!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/9/21(月) 午前 1:23

ファイル 4516-1.gif

政府も動き出した!

 有る意味で、動くのが遅いけど・・・。

 皆さんは、理解されて無いかとも想われ
ますが、どこの政府や、人を纏めるような
機関では、「即時に対応をする」っと言う
ような事を行いません。

 これは、「(1)組織や機関の存在に、
有難味を強化する為に焦らす」っと言った
現象の他に、「(2)活動による(A)責任、
(B)相応となる予算の確保」の問題がある。

 そこで私の場合、「(A)責任と(B)予算」
との分野を十分に考慮して、Reportを作って
即効性を強化している。

 逆に、予算などを必要としたり長期的な
調査を必要とする場合には、1年~5年、
10年の枠を設けて、且つ段階的な展開で
Reportを纏めるようにしています。

ところで・・・

 高齢者の比率が高くなり、相応にして、
問題が生じている日本国・・・だけでなく、
先進国など人類規模での問題になっている。

 之における問題では、「人が健康を維持
すると言う事に対して、比較的に関心等が
低い」っと言うことが原因になっている。

 そもそも「自衛力に乏しい」と言う方が
正しいのかと想われます。

 その自衛力は、「1.健康、2.防災、防犯、
3.自活力」などになる。

 現代人は、労働に対する意識が過剰にと
なっている事が多く、資本的な観点が強く、
『健康を維持する』っと言う意味での重要性
などをあまり理解をして無いことが多い。

 これは、Gender(じぇんだぁ~)問題でも
取上げられている『女性による家事』により、
「(1)比較的に無知な男性、(2)就業に
積極的に参加をする女性による健康について
疎い状態」などにより、そうした二人が結婚
すると、不健康な家庭が・・・。

 ・・・(。-`ω-) ん~♪

 ところが、そうした現象に対して女性側の
唯一の逃場が、美意識であって、男性側でも
筋骨などの逞しさを強調すると言う意識にて
健康も保たれている人も居る。

 逆に健康を保とうとするなら、相応となる
運動量、食、日々の生活習慣などが適切にと
なる必要があり、それらを守ればある程度の
健康が維持をされるのである。

( -ノω-)こっそり♪<性格上で、規則正しい生活が合わない人も居ますが・・・w

(∇〃) .。o(誰だろうねぇ~♪)

つまり高齢者と雇用問題なのですが!

日本国 憲法

第二十七条

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 第二項
 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

 第三項
  児童は、これを酷使してはならない。

 よく定年退職後には、「御気楽な人生を♪」と
考えている、『勘違いした在日日本人』が居ます。

 日本国の憲法では、結果的に日本国民であると
言う限り、勤労の義務を負う事になり、誕生から
その人生を終えるまで、生涯的に勤労の義務が、
課せられているのである。

 つまり資産が有っても、勤労をする義務が有り、
貧しかろうが、資本家であっても、勤労をすると
言う義務が有る。

 但し・・・

日本国 憲法

第二十二条
 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転
及び職業選択の自由を有する。

 第二項
 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を
 侵されない。

 っと言うことから、『 自らが求める職場 』との
観点も重要視をされているが、「無いなら造る!」と
言う発想に国民が欠けている状態にある。

結論

(1)
 継承的な職業分野でも、過剰に近親者による継承を
求める部分が問題になっている。

>つまり、他人(弟子)などに引き継がせない。

(2)
 労働の意欲があっても、雇用される事ばかり考え、
自らが事業主になろうと言う、企業的な意識に欠ける。

>逆に、「雇用先が無いから労働できない」と言い訳する。

 別の観点では・・・

(3)
 継承者が他人であっても見つからない。

>後継者が他人を含めて居ない。

(4)
 企業を行っても、営利事業の利益が乏しい。

>営利活動として成り立って無い

 などの別枠での問題も生じている・・・。

 これらの問題に加えて、高齢者問題があると
言うのだから、先進国の課題としても、かなり
経済的に深刻な状態にある事が解かる。

 大いなる課題としては、高齢者と若者との、
交流であるが、「(A)高齢者側での若い者に
対する軽蔑、(B)若者側での高齢者に対する
軽蔑」が有ったり、それ以外でも世代的なる
立場上の隔たりがあるなど、過剰な社会生活
などの意識が強いと、若者と高齢者の融合は、
実現しずらい。

 それらの解消する方法としては、倶楽部の
存在が有る。

 高齢者同士の若者と隔離された集まりと、
逆に若者と積極的に交流を持ちたいとされる
人達による集まりなど・・・。

 その主旨は、主権者によって色々であるが、
相応の枠や人間関係を新たに築きあげる事が
可能になるのかと想われます。

( -ノω-)こっそり♪<何も日本人だけが交流相手でもないですよ!

(∇〃) .。o(自宅に居ながら、海外の人とInternetで交流も♪)

 近年では、日本国に関心の有る海外の人が
多く、日本語覚え得たいと言う観点からも、
積極的にInternetなどで交流を求める人が、
多い。

 しかし中には、悪意ある交流を求める輩も
居るので十分に警戒をする必要が有る。

{{{
 ちなみに人との信頼性を築く為に、むしろ
信頼を必要とする関係を作らない事が重要で、
「安易に契約や重要な約束事などを相手と、
結ばないこと」が肝心である!

 さて、親戚との交流に拘る高齢者も意外に
少ないと言う事情を国家機関が理解して無い
ことも有り、「おぼっちゃま政治家」などが、
支援団体などの類で「親子関係からの子供に
服従心を煽り、その組織利益を拡大する」と
言う部分も、宗教など過剰営利団体を含めて
見られる公的な発言も多い。

 子供が親になつかない原因には、「親だと
言う観点で関係を維持したくない」と言った
場合が有る。

 つまり子供にしてみれば、自分の親である
っと言うことが精神的な苦痛であると言った
場合に生じる現象である。

 これは、思春期に他の同級生と比べ、平等
と言う観点では、「生まれもって得た体には、
平等性が無い」っと言う所辺りから始まる。

 しかし、これに対して不思議と、その大元
となる祖父母に子供が当たると言うことは、
少ないようである。

( -ノω-)こっそり♪<孫への愛情が、それをも包むのでしょうか?

(∇〃) .。o(しかし実の親としては、厳しさも♪)

 さて、そんな親子関係を雇用の分野にて、
必要とするのか?っと思う人もいるのかとも
想われますが、「国家と国民」との言う立場
から考えると、どうでしょうか?

 国 ⇔ 民

 この関係は、雇用問題以前での基礎となる
問題であって、その関係が成熟をしていると、
過剰な資本営利活動に拘らず、何だかの働き
かけを求めるのが人情であり、それが不法や
公序良俗に反するような活動になると言った
ことも減るのかと想われます。

 つまり公序良俗に反する活動なら、それを
行わないと言う意思の方が国家としての利益
だと想われ、その意志を覆すように、不法な
行為で利益を得ると言うのは、知的な文明と
言う観点では、現代人として不適格なのかと
想われます。

 そうした国家と民との信頼関係を維持する
と言う為に、憲法や法規があって、各地域に
独特な条例なども有る。

 又そうした規律は、国民の代表(議員)を
通して確立され、相応の責任を民が負うとの
ことになっている。

 がぁ~・・・。

 産まれる以前から有る法律や、その後でも
新たに発生した法規を把握する義務的な意識
などが必要とさる。

 しかし、その認識に民が欠けるのが現状。

 もともと、好きで産まれた来た訳で無いと
言うことも解かるが、相応となる責任を親が
負う必要もあるのかと想われます。

 高齢者と共に暮らせる日本国と言う為には、
やはり高齢者と若者の融和的な接点が必要で
あって、「流行り廃りの関係で成立つような
交流」では、意味が無い。

 ところで、あなたなら何ができるかな?

・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

『 よろちゃん 』のTopics Editor活動

今回の編集は、こちら♪