記事一覧

賃金問題が刑事の事件を誘発している!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/25(日) 午後 8:25

$FILE1_c

温泉地での労働状況

 昔から温泉地の女性による労働が微妙な仕事として
扱われる類が多い。

 つまり、『芸者まがい』の売春労働などがあったり、
借金などの事情が有るのに、故意に賃金などを過剰に
低価格にして、長期に過酷な労働や性風俗的な労働を
強要したりすると言う内容である。

 温泉地など、町並みが小規模で限られた地域だと、
逃げようにも逃げれないと、されており、地元の警察
なども、平然と容認していたり、隠蔽に一枚噛んでる
などの場合も有るのかと想われます。

 つまりは、地域ぐるみで間接的に犯罪へと協力を、
行っている場合が有るのかと覆われます。

<参考 YahooNEWS>

低賃金

 地域側にとって若い女性の従業員は、客寄せにもなる
との観点があって、誰もが知らない振りをするようです。

 また今回の事件のように・・・

 そもそもが、労働基準法に反している(罰金制度)と
言う状況にありながら、そうした事情を労働局が察知を
行えない場合には、相応に隠蔽工作に公務員も加担して
いる可能性も有るのかと想われ、昔ながらに疑惑のある
地域を、監視状況から逃れているという状態は、大問題!

 その末には、借金などの関係から刑事の事件までにと
発展しているのだから、その過失が労働省側にもあると
想われます。

労働省の過失

 労働基準法の法設定は、労働者の利益確保であって、
その為の警察権限までもが、厚生労働省の公務員にと
付与されていたのかと想われますが、その効力も無く、
長年にわたり、労働問題を温床する環境を維持しつつ、
挙句の果てには、公務員が自ら性風俗などで売春に加担
すると言う状況にまであった。

 それらが改善をされることなく、今日まで運用維持を
されていたと言う状況が、刑事の事件以前に労働基準法
などの監督権における効力の無さによる結果であるかと
想われます!

 近年の私は、民事の事件など、刑事の事件に至ると
言う以前に、その背景で他の法規違反が原因になって
いることが多い事を把握している。

 そこで『民事訟廷の活性化』にと着眼をしており、
労働裁判に付いても感心があったが、通常の民事訟廷
などでも取り扱われるので、然程に意識をしていない
と言う状態にあった。

 実際に私は、労働の紛争を民事訟廷から数件提起を
行っている状態にある。

結語

 刑事の事件背景には、複数の法規違反が存在してる
ことが多く、それによる負担に耐え切れなくなると、
反撃的に刑事問題を生じさせると言う場合が多い。

 ちなみに加害者側でも、「その時まで耐えている」
と言う場合が多く、耐えなくても良い事にを絶えてる
状況が引き金となる。

 そうした現象は、社会主義的な環境で発生しやすく、
更に権力者による過剰的な支配によっても、生じる。

 しかし、よく平然として、そうした商いを行い、
且つ、それを利用すると言う民が、居るなぁ~っと
想ってしまう。