記事一覧

男女における失業率の違いとは?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2010/5/4(火) 午前 1:57

ファイル 4524-1.gif

仕事の需要

 男女における求人と、雇用の関係が
話題に成っていました。

<参照 YahooNEWS>

男の仕事、女の仕事?

 雇用に付いて、男女が平等に、その機会を
与えられるような計らいを雇用主に求めると
言う法律がある。

 しかし実際には、どうだろうか?

 むしろ雇用者が性別を選んでいるのでなく、
その企業を利用する者(国民側)が、性別を
求めて無いだろうか?

 つまりは、文化的な観点から固定的な意識
などにより、「こう言う仕事は、女性的だと
言う意見や、実務的にも男性が有利とされる
職場があったりもする」のが現状と想います。

 現在では、公務員を中心に男女の平等化が
進んでおり、特に司法や自衛隊などの分野に
ついては、かなりの文化的な転化を迎えたと
言えるのかと想われます。

 更に、救命、医療などでも女性が活躍する
半面で、職を失う男性も増えたり、職を得る
と言う意識に欠けてしまう(一昔前ならば、
男性が就労をして家庭を養うと言う概念を、
親や世間が押し付けていた。しかしそれらの
後押しを近年だと行わなくなり、それに伴い
引き篭もり、NEETが増えたとも言われている
状態にあるが、当事者の暴力的な反発などに
周囲の人が対抗を行え無い状態にある家庭も、
多いようである) などの問題がある。

参照

 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

結語

 日本人で、「①勤労、②労働、③仕事』の
違いに付いて、理解してない人が多いのかと
想われます!

①勤労

 憲法にも条文が有るのですが、「憲法は、
国民の努力によって守られる」との範疇にと
成っているらしいのですが、唯一に公務員に
関しては、厳守義務が課せられていると言う
観点が有るようです。(憲法・第27条参照)

 しかし憲法で、「何人も、いかなる奴隷的
拘束も受けない、職業選択の自由を有する」
との条文もある。(憲法・第18、22条参照)

 さて勤労とは、何を意味するのだろうか?

 国民は、『就労を行い(仕事などで収益を
得ようとする雇用だけでなくて、起業なども
含まれると想われます)』、生活の自立等を
図りつつ、公共の福祉に対して公益にと成る
ような活動をされたいとの真意が有るのかと
憲法から想われます。

 よって、公共福祉の利益を追求しつつも、
それによって所得を得ることが求められてる
状態に有ります。

 なお、非営利団体(NPO)などは、利用者
と、団体の間で商取引が無いだけであって、
団体の構成員には、雇用賃金が支払われて、
それらが経費として認められてるらしいので、
完全なVolunteer団体とは、区別して考える
のが妥当だと想われますが、運営方法は、
その団体の方針によって決まることからも、
「①完全Volunteer的な団体と、②運営資金
などを内部消化する団体」の二種があると
考えられ、NPOの役員になって報酬などを
得ようとする『高官公務員』も多いらしく、
別の利益的な取引が背景にあるとも言われて
居るほどである。
}}}

 更に、違憲的とされるHomelessが居ても、
それを暴力的に襲撃しても良いと言う法律が
無いのであって、幼稚園児であっても悪戯で
行う事が無いような暴力沙汰事件を未成年が
行った場合には、相応なる刑罰が与えられて
当然だとも想え、そうした日本の国民として
『不法的で共存性、協調性が無い』とされる
人格などは、それが更生される見込みがある
ならば、施設に入れる価値が有るが、それが
無いなら『国籍を剥奪しても良い』のかとも
成人犯罪者を含めて、個人的に想っている。


 交通違反と同じく、刑事犯も加点性にして
①満点者は、国籍の剥奪をする、②また加点
範囲に合わせた防犯教育(犯罪に着手をする
のでなく、合法となる別対処方法の教育)を
受ける義務を課すとのReportを検討中である。

>参照

日本国 憲法

第十八条
 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、
犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する
苦役に服させられない。

第二十二条
 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転
及び職業選択の自由を有する。

第二十七条
 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 同条第二項
 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する
 基準は、法律でこれを定める。

 同条第三項
 児童は、これを酷使してはならない。

②労働

 近年では、人材からRobotに変わりつつある職場が
増えている状況にあり、そうした職場にて働く人材
などを意味しており、労力の提供者を意味している。

 日本国の司法では、「不当、不法行為での労働も
資本的な価値が有る」と、各事件で立証していると
言う判決が多く、特に刑事的な責任に伴う民事での
損害賠償の請求や、刑事にて取り扱わなかったとの
事件でも、明らかに不当、不法行為が発生しており、
それに伴う損害賠償等を請求しても、認められない
との事が多く、認められても長期な訴訟の手続きを
要したりして、民に過剰に負担を与えていたりする。

 更に、そうした民事訟廷に対して不服を抱きつつ、
国家に不信を抱く民が居ても当然であり、国会側で
『三権分立』などの学説を用いて「法で定めが無い
『三権分立』を建前にして、国民を憤慨、侮辱する
傾向があるのも特徴(典型的)で、一般に晒される
必要も無い被害者が、報道機関等によって、個人の
情報までも公開されるに至る結果を、裁判所が導く
と言う、ことも有る」のかと想われます。

 Robot的な人の職場を、Chaplinが滑稽に演じた
ModernTimesがあるが、彼が何を演じたかった
のかは、その作品を鑑賞されたい。

③仕事
 悪業も仕事の一つであると認めているのは、国。
それを把握できない民にも責任が有ると言うのが、
浮世の沙汰である。

 そして悪業の全てが多くの民に不利益を生じて
いるとも言えない。

 さて仕事とは、何であろうか?

 遊びも仕事、仕事も遊び・・・物は、言いよう
だとも言えるのが日本文化ですが、とかく論理に
弱いのが『江戸っ子』であって、口より先に手が
でる(喧嘩でなく、決闘となる)のも特徴だが、
客観的に、暴力的な決闘を含めて喧嘩であると、
誤解する人も多いのかと想われます。

 ところで古事記によれば、神の国造りが有るが、
それが仕事だったのでしょうか?

 神の娯楽で造ったなんて、ことは?

 伝説だと、一人神が一人で、何して、何した?
っと言う展開から始まるようである・・・w

( -ノω-)こっそり♪<詳細は、古事記を参照されたい・・・(*/ω\*) いやん♪

(∇〃) .。o(別に私も、それを見習っている訳でもないのですが・・・)

 私事は、ともかく人にとって『仕事』とは、
客観性から求める仕事、自らが求める仕事との
違いによって、偏見、軽蔑、差別などが生じる
ことが解っています。

 聖書では、男の兄弟(せめて異性の兄弟なら、
物語が幸せそうに展開する感じもするけど)が、
その労働成果を差別する場面がある。

 こじきでは、日々の貧困から・・・いや、その
乞食でなく・・・、すさのおうのように腕白で
聞かん坊な性格が物語の中に登場をする。

 旧約聖書で言う『まだむ』と『でぶ』では・・・。

( -ノω-)こっそり♪<そろそろ私の集中力が、馬鹿と天才の臨界点(天才の飽和点=馬鹿状態)にあるのかと・・・w

(∇〃) .。o(別に天才だとも想ってないけど♪)

 こうして、みなさんを文節的に楽しませるとの
ことは、仕事なのでしょうか?

 何を持って仕事と言うのかも、既に判例として
有るのかとも想われ、法律でも有るのかな?

 ところで、皆さんの仕事は、何ですか?