記事一覧

魔法を使えない?

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/5/11(月) 午後 9:27

ファイル 4565-1.gif

8人の殺傷を行ったとされる犯行者

 事件の動機は・・・

;
 「『この世では、魔法が使えない。Fantasy(ふぁんたじー)の
世界とは、違うから死にたい』と考え、死刑になる為に事件等を
発生させた。

・・・え~ (-ωー;) ぶつぶつ、、、

<参考 YahooNEWS>

責任能力

 ここで注目をしたいのが、『 責任能力 』であり、当事者の
思想が何たるかを問われるとの必要は、余り無い。

 例えば「重悪犯罪者が居るが、検挙をされず死刑にもされない
から、私が殺した」っと言う犯罪が発生しても殺人罪が問われる。

 つまりは、宗教の教えや幸福を追求するに至り、世間的にも、
他の人に、不当、不法な行為を与えて無いなら、法的に問われる
と言うこともなく、問われる内容としても、犯罪行為であって、
その思想までもは、余り問われない。

 例えば、『 悪党 』と言う名称の政党を結成しても、別に、
不当、不法なる行為を行ったと言う場合で無い限りは、犯罪的に
問われる事が無いのかと想われます。

 むしろ国家機関などが、『 指定暴力団 』として、それらの
構成員を『 軽蔑、排他などするLabeling行為 』の方が、不当、
不法、違憲性などが高いのかと想われます。

 しかも、そうした組織側も、『 暴力団体である事を、国家が
立証をしてくれている 』との事も有り、相応の悪行をなどを、
堂々と行っている状況に有る。

 こうして点では、司法分野のCompliance(こんぷらいあんす)と
言う部分での低さが、伺える。

 尚、この発想は、『 Phase(ふぇーず)2(第二段階) 』と
なるので注意をされたい。

 よって、その人員が、何を考え、想像しても、それらなどを、
問われる事は、然程に無いが、「『 実行をされた行為 』が、
どのような結果に至ると、把握をしているのか?」と言う事が、
責任能力として問われるのかと想われる。

結語

 司法の人員は、こう言う事件を複雑そうに語るが、私の場合、
一言で結語としたい。

 「日本の国民性として、好まれない意思と、それに伴う行動が
  問われ、『 行為責任 』は、『 過失致死 』などを含め、
  意志、行動として、刑罰を課するに値する」っと言うだけの
  ことである。

 私の知る限り、『 戦後における日本人らしい日本人 』との
言う存在が極稀であり、殆どが現行の憲法、その他の法規などを
十分に把握をして無い。

 場合によって『 日本国を愛する外国人 』の方が、よっぽど
日本人らしい場合がる。

・・・だめっぽ  ○| ̄|_