記事一覧

No.36 交通規制と道路政策

2004-02-25
*======================*
   万<よろずがく>学  Ⅱ  No.36
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2004-01-30
問題 交通規制と道路政策
副題 道路政策Moniter

掲示板  『今後の道路政策のあり方について』記載

 道路の建設においては、卓上における理想論から始まり
現地の交通調査などを進めた行きながら建設に着手をする。
こうした後に、完成した道路を一般人が利用し始めた後に
新たなる問題が浮上することが多く発生しています。

 建設段階における”蛇足的な案”を鵜呑みにしたからか、
盲点であったかが反省すべき点となります。それにしても
建設後における問題の対処への着手があまりにも遅いとも
感じています。

 交通規制における分野等は、警視庁が受けもちますが、
それにおける対応にも限界があり、建設後における問題を
解消する手段が、四面楚歌になっている様子です。

 具体的には、千葉県の246号線が千葉大学付近になると
片側4車線になりますが夕刻の時間や週末の時間になると
大渋滞を引き起こします。片側に4車線もありながら更に
千葉大学には、都市政策部等もありつつ、それらの問題が
解消されていないのが現状となっています。

 また東京などの都心に至っては、万年的に渋滞が発生を
しているのにもかかわらず、いたしかたが無いと言う事で、
長年放置しているのも現状であって、目先の交通事情等を
改善できない状況で”新たなる建設を始める姿勢”には、
どの地方に住んでいても『公的機関の信頼性が低い』との
偏見から、必ず近隣住民から抵抗されるのが現状です。

 そこで、予算枠についても減少せざろえない状況では、
大型の工事が困難であれば、地域住民の道路改善を行い、
市民、国民などの地域住民からの信頼を得る為の努力が
必要だとも思われます。

 各市町村では、国道や都道府県道、市町村道などと
交わる付近などでは、交通事故、渋滞等の交通問題が
多発している状況でありながら、道路の管理部門各種の
四面楚歌によって、改善が見合わされている状態です。

 こうした問題を解決すべき手段として『公的機関の
協調的な団結的改善運用』が求められており、それらの
場を設ける事によって、改善され且つ利用者にとっても
本来求めてた道路環境を得られることに繋がると考えて
います。

 人間の子供もそうですが、作るだけ造っておきながら、
その後に我が子に対し手におえないからと、放任すると
言う家庭も多くありますが、それらの現象も国家機関の
縮小でもあると考えており、公共機関としての国民達に
対する姿勢として是非に、積極的に改善にと取組む場を
整えることを望んでいます。

*----------------------*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学Ⅱ的、交通規制と道路政策

天使 規制の概念は、提供された環境の欠損部等を
   補う為にある論理的なものである。

悪魔 それに反してこそ、地獄が繁盛するわけで、
   これに従う物ばかりいたのでは、困るのだ。

HIRO まぁ~、所詮人間化考えることですから…。

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*----------------------*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =