記事一覧

最高裁判所が裁判員候補者にDVDを配布♪

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/7(水) 午後 11:30

ファイル 4589-1.gif

来年から・・・w

 DVDの再生機を有して無い人に
配布をしていたら・・・w

( -ノω-)こっそり♪<相手の生活観を侮辱している感じもするが・・・w

(∇〃) .。o(そう言う点が最高裁判所の観点で、欠けてるんだよなぁ♪)

<参考 AFP_BB_NEWS>

結語

 逆に、DVD程度は、有しているだろう
との解釈なのかと想われるけど、相応に、
再生機の請求をされることがあるのかとも
想われる・・・(。-`ω-) ん~♪

 なぜ再生機を請求されるのか?

 最高裁判所は、DVDを見るようにとの
意図で配布をしているが、それを再生する
機器が無ければ意味が無い。

 そうなると?

 普通、こう言う場合には、図書館などに
配布をしておき、またInternet等を通して、
誰でもが閲覧できるようにされている方が
費用としても効率的である。

 そもそも、そのDVDなど造るために、
どれだけの費用を消費しており、その費用
などが、経済的な困窮者などを補助すると
言う為の費用に使われた方が、刑事の事件
発生事態が軽減され、その方がよっぽどに
経済的な効果があるのかと想われる。

 つまり最高裁判所は、不経済な活動を
平然とやってのける期間である事が解る。

 刑事的な観点でなく、民事的な観点にて
裁判所を見ると、刑事事件における根源が
民事を根拠としている場合が多いことが、
解ってくるのかと想われ、民事訟廷にての
紛争解決が、刑事の事件発生を抑制すると
言う観点で重要な部分と成っている。

 がぁ~♪

 民事裁判を傍聴すると解るのですが、
いや一般の国民は、傍聴を行わなくても、
世間的な期待感が低い公的な機関であると
言うことは、十二分に解っているからこそ
利用を行わないのかと想われますが・・・w

 でも、利用を行わないからこそ、発展が
されないのであって、もっと利用を行い、
不便の部分を改善請求しないと、文化向上
と言う観点では、不足となる。

 暴力的な紛争は、法的に認められないが、
訟廷での紛争は、その権利を認められてる。

 しかし、不当、不法行為の有益性などを
立証しているのが、現行の裁判所であると
多くの民が感じている限り、その存在価値
などが国家機関として大いに問題視される。

 つーか3年かけて独自に開拓したけども、
『私の人生における奉仕的な労費』と言う
観点では、とうに限界を超えている感じも、
するんですが・・・。

 っと言うことで、司法Ombudsmanとしての
Reportも作成しなければ・・・(。-`ω-) ん~♪ 

 しかし現行の裁判所の存在は、不経済で
あって犯罪を抑制する能力が無く、国民に
法律を理解させようともせず訴訟当事者を
平然と侮辱しているとしか感じ得られない。

 刑事事件とかで、無差別殺人とか発生を
するのも当然だよなぁ~って、民事裁判を
利用してみると、誰でも思えるのかとも、
判断をしています。

 実際に民事訟廷を利用しなくても傍聴を
するだけでも、「不経済な訴訟進行をして
いるなぁ~!」って感じると想う。

 企業の宣伝すらも、InternetやTVを
通して効率よく行われている時代に・・・。

 やはり機関的(最高裁判所的)な発想が
時代的に10年遅れてるのかと評価をして
いるのが私の評価論である。

 なおDVDを配布するのは、逆に超越的!

 DVDを保有してない人たちが居ないと
思い込んでいるんだろうなぁ~・・・w

 逆に、DVD再生機を持っていない人は、
「一般的な国民でない」と定義しているの
かとも思える。

 Internetであれば、唯一に図書館等でも
利用できるけど・・・。

 卓上での空想的な論理派では、やはり、
文化感の限界があるのかと想われ、文化感
などに不足をした人達が、紛争を展開して
居ることを、最高裁判所が十分に把握する
必要がある。

 更に近年だと、外国人による事件や、
警察官などでも、平然と傷害、殺人などの
未遂事件を発生させて、隠蔽しているのが
事実なのかと・・・。

 ちなみに警察官でも逮捕後にて、犯人に
正当な理由無く暴行やHarassmentを行えば
不当、不法行為が成立するのかと想われる。

 結局は、そもそも犯罪行為が発生しない
と言うことが、追求される必要が有って、
そうした環境を造ると言う努力が、一般の
国民に課せられた課題かと想われますが、
その責任感がまったく無く、防犯が警察の
公務Serviceであると、勘違いした国民も
多いのも現状である。

 警察官は、市民を守る観点があるけども
個人を守ると言う観点には、比較的に無い。

 三人称と、二人称、そして一人称と言う
観点を理解しないと、『自衛』の必要性も
理解できず、相応の犠牲などが生じるかと
想われる。

 ・・・他人事ですけど♪