記事一覧

悪質な重犯罪における時効が、見直される?!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 2009/10/28(水) 午後 8:46

ファイル 4592-1.gif

千葉景子法相

 世間的な意向も強まったと言う事もあって、
大臣も積極性を、公表している。

<参考 YahooNEWS>

結語

 時効と、人による『失望、健忘』と言った
意味からの効果は、微妙な観点がある。

 実質的なところ只単に司法の操作能力が、
犯罪行為者よりも劣っており、また民側も、
その防御能力が無いと言うことによって、
犯罪が成立してしまう。

 一見して犯罪者を偏見的に見るが、結果と
言う観点から司法の思考における『恩情』と
なるような判断も、大いに問題視をされる。

 私の近年における貧困的な実生活などから、
色々と解った事は、『不法行為で無わいと、
される私生活にに対して、世間一般などから
悪く評価されるのは、人権を侵害しているに
値をしている!』っとの事実である。

 『暴力団の解放』と言う観点からなどでも、
民法で言う不条理(不当、不法)な契約は、
法的な観点から成立しないと定めながらも、
実質的に暴力的な配下の方が、規律性などが
高く、それを維持する手段として暴力などを
用いているに過ぎない。

 「自分は、暴力団だからかっこが付かない!」
などと言う、そもそも自分自身への不条理と
なる思い込みにより生じることも原因の一つ。

 又、そうした人生の生き方に利益が有ると
言う結果が、実質的な有益性を維持している。

 だから変な正義感を抱いたり、過剰な悪意
などを抱いても、双方共に成り立たないのが
現状である。

 私的には、犯罪や、不当、不法行為に着手を
行って無い限りは、人権的な保護などを大いに
認めるけども、過失を含めて、不当なる行為や、
不法行為などにと着手をした時点で、共存性が
無いのだから、保護的意識が無くなる。

 自衛的な概念の必要性は、国家形態に限らず、
日本国民の個々に課せられている、健全性と、
防犯、防災などのを含めた健康性の維持などが
現代的に求められているのかと想われます。

女性の活躍

 やはり悪き社会体制は、女性などの導入を、
きっかけに変わるのかと想われ、多くの女性に
相応の期待がされている。

 がぁ~♪

 女性の立場も安定すると、男女共同的にと、
悪行が展開する可能性も有るかと・・・w

 末恐ろしい・・・(。-`ω-) ん~♪