記事一覧

No.0711 Albino(あるびの)人種

配信 2006-09-06
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0711
*======================*
作成 2006-07-18
課題 Albino(あるびの)人種

 白人は、他人の肌の色に対して敏感に反応を示し、
それを非難する人が多い。それは、自らの色等にも
関係してくる自衛本能なのかもしれない。

 しかし、それにて引き起こされる文化的悲劇等は、
歴史的にも数多く発生しており、それらの悲劇も、
現代ならでわの文化的客観論による意見であって、
当時としてみれば、魔女裁判、人権差別、特定的な
人種への差別など、遺伝子的にもAlbino(あるびの)
人種が中心となって引き起こしている。

 Albino人種が人類的に、その原点を私的な想像で
遡るならば、Albino人種が人類誕生の原点までもの
時代から考えてみれば突然変異的に誕生をしたのか、
それとも気候的な問題なのか環境的な問題なのかが
問われつつも、Albinoであることに変わりない。

 実は、この”Albino”ですが人間に関する現象と
限らずに、あらゆる生物において”Albino種”が、
確認されている事を御存知だろうか?

 獣で言うところ”白い毛を持って産まれた”物で
白いLion(らいおん)、猿(さる)、犬、猫などと、
通常では、色々な色や特定の色が決まっているのに、
全身の色素的な意味合いでAlbinoとなって産まれる。

 日本だと”蛇、狼”のAlbino種が神の化身として
祭られているのは、良く知られている。

 私の推測だと、「Christ(きりすと)がAlbinoで、
それによって迫害を受けていた可能性がある」等と
考えていたりもする。

 古代の熱帯地方での文明から考えれば、それらの
歴史からAlbino種は、健康面からも貧弱であって、
人種的にも軽蔑されていたとも考えらる。

 それによって、人類の文明発祥の地から徐々にと
遠ざかって、自らの生活の場を拡張したと考えられ、
さらにJudaea人のCoreな部分がの人種がAlbino系の
人種であったのでわないかとも推測している。

 日本だと「白い犬(日本犬)は、やがて人間にと
なれる」と言う古くからの言い伝えがあり、落語や
江戸時代辺りまで、そこ言葉が俗説としてあって、
”白に対する神秘性”を古来から持っているのだ。

 白に対する想いと、赤に対する想い、時としては、
緑への関心も、日本の歴史としての武将達の思想に
かいま見る事ができるが、その真意は、不明です。

 白を好む日本人。

      紅に染まれば・・・。 

*----------------------*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、Albino(あるびの)人種

天才 白き物は、貧弱だが神に愛されている。

博士 皮膚の色における違いは、地域慣習で異なる。

秀才 しかし皮膚の色による人種的な対立もある。

HIRO 七色仮面、ここに参上♪

*----------------------*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =