記事一覧

平成14年 八王子市 ~ 市長と語ろう、ふれあいとーく ~

発表の内容

 『地域の防犯』に付いの案件である。

 『 暴走族の根絶 』などを中心に、犯罪の
発生しない町造りに付いての取組んだ事例で
ある。

 この時に、市長が『 割れ窓理論 』を、
市民に向けて解説している。

ファイル 483-1.jpg

>参照
・割れ窓理論 - Wikipedia 

当時の八王子市は・・・

 覚せい剤の濫用が市内で多く見受けられ、
それにおける危機感から、覚せい剤の販売
防止などに付いても、別枠で活動していた。

 まるち商法、訪問販売などの類における
犯罪も増えた時期で、それらが規制された
時期でもあり、更に電話の営業に伴った
契約問題も徐々に増えた時期でもあった。

 また、当時に電話のOperator業務などに
関与しており、顧客御問合せ部署の設置や
その人材育成などにも関与した。

 個人的には、居住地域における自動車の
暴走行為を抑制する課題を設置して、直接
色々と対処法を、試行錯誤したことが有る。

 ちなみに、隠密工作と成るので、それの
方法を公開してないが、基本的に不良達が
集まる場所(拠点)を、無くす事が基礎で
あって、警察との間接的な連帯が必要です。