記事一覧

No.5 出会い系サイトと犯罪

2002-02-10

*======================*
   万<よろずがく>学  Ⅱ  No.5
   インターネット・オンブズマン(☆ω☆)
*======================*
作成 2002-01-17
問題 出会い系サイトと犯罪

 以下のメールを匿名で頂きました

HIROさん
いわゆる『出会い系サイト』なる物が『諸悪の根源』
とまで言われそうな勢いである昨今・・・
何故そこまで『悪の権化』のように言われるのか?

 ここで少し『出会い系サイト』なる物をもう一度
考えてみようではないか…

http://isweb40.infoseek.co.jp/feminine/cats-web/

 出会い系サイト関する、主観ですが通常にける
インターネットの普及により出会い系サイトによる、
出会いも頻繁化して、之における犯罪が問題となる。
 出会い系サイトの運営と言う物は、『出会いの場』
を提供する事でもあり、それ自体の運営に違法行為の
目的での二次的運営であることが確認できない限りは、
これを妨げる理由がありません。
 出会い系サイトにより男女の交流枠が広がり、貧婚
時代である現在の日本文化にも、大きく貢献している
言って過言でありません。
 これにおける犯罪の要素ですが、『出会いの元祖』
とされる『ナンパ』がありますが、手紙による文通に
メール交換などなど、時代と共に、人と人との交流の
方法が開拓されています。
 こうした出会いと言うものは、異性と限らず様々な
目的を主として、その課題に対して人が集うものです。
この点で、売春などを目的にサイトを立ち上げた場合、
これは、不法行為の二次的助長運用であると言えます。
 このほか、『詐欺行為』や『特定人物への中傷行為』
などを設立の意として運営している場合、道徳的にも
問われる事になりますが一概にこれを拒むものとして
一方的に考えるのは、それを利用する者がいると言う
観点を考慮すると、言えなくなります。

 交流に対して存在する犯罪行為としては、ナンパと
題する時代からも、変わらずあった行為でもあって、
インターネットにおける進化から、少年なども大人の
目を盗んで参加できる死角があり、これにより犯罪が
引き起こされてしまう場合が多い。こうした若年での
参加にかこつけ、大人も若年層を狙う目的で意図的に
交流相手を物色する場合もある。

 対人との交流における護身術を認識する必要があり、
社会交流における注意とすべきである。つまりは、
近代化された社交の場においての交流の方法において、
防犯的要素を思考した、社会的な常識が必要となる。
 この社会的常識と言うものがどに値するのかがも、
問題となるが原点的には、交流に関連した前例や法律、
規律、条例の認識と言う事になる。

 またサイトの運営者でなく、参加者側が犯罪意識を
もって参加した場合において、防犯できるかが問われ
ており、正当利用者、犯罪予備意識での利用者、犯罪
目的での利用者との区別となりますが、どうでしょう?

 出会い系のサイトを利用する側の意思として、予め
防犯的意識を必要としサイト運営者としては、これを
助長すべく方法を考慮すべきだと考えられます。

Ps.当方のサイトでも出会い系のHPを立ち上げてますが、
 利用率と、万屋系HPの運営としての想像図を考慮
 した結果では、近い将来で閉鎖する予定です。

*----------------------*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆(天使と悪魔の囁き)

万学Ⅱ的、出会い系サイトと犯罪

天才 悪用を目的として参加している人物の比率は、
   正当利用者よりも少ないけども、注意が必要。

悪魔 正当利用者としての参加者が多いと言う事は、
   それだけ、カモが沢山いると言う事でもある。

HIRO 自己防衛的な知識を身に付ける必要がある。
   これは、あらゆる面で求められている。

◇多くの人を笑わせることを追求◇
コケ師達(応募者)による内容を募集!
皆さんの『題名、天使と悪魔の囁き』を大募集♪
*----------------------*

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)
 ・My Blogs
Podcast の運用

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =